FC2ブログ

ブログ移転のお知らせ。

ブログを移転しました。
新URLはこちらになります。

ギターと歩む Day by Day | エコー音楽教室
http://www.echo-music.net/blog/

「アヴェ・マリア」Singer Song Writerでギター合奏に編曲

 Singer Song Lighterでギター合奏の編曲を2001年から始めたと思う。著作権のことを考えると、クラシック曲を選択するのが楽だが、反対に合奏クラブが演奏に苦労する。学校のクラブのように毎日練習出来ない公民館クラブは、基礎練習もままならず、どうしてもポピューラーな曲になりがちだったが、今回何とかクラシカルな曲を選びたくなり、以前から好きだったシューベルトの「アヴェ・マリア」を編曲してみようと思った。

 ギターは音が伸びない楽器で、あのゆったりしたイメージが出せるだろうか?と気になったが、キーボードの扱えるクラブ員がいるので、オルガン音源を使えば何とかなりそうな気がして手がけてみた。これまでギターの音源選びは迷わず「ナイロンギター」を選んできた(クラシックギターという音源は設定されていない)が、今回始めてデジタル音の堅さと響きの悪さに悩んでしまった。

 電子楽器はクラシックのギター音だけは本物そっくりに表現できないと以前から聞いていたが、前回Lit7で「また君に恋してる」や「ウイスキーが、お好きでしょ」は「ナイロンギター」で「Reverb」「Chorus」をふんだんに使い、何とかそれらしい音が作れた。ところが「アヴェ・マリア」はスローテンポな上に何拍も「タイ」がかかり、「Chorus」や「Reverb」をいくら使っても何ら効果がなく「やはり駄目かぁ~」と落ち込んだが、諦めきれず念のため音源を変えてみようと思いついた。

 キーボードは「チャーチオルガン」を選び、それなりに重厚なイメージは出ていた。ギターを「ジャズギター」に変えてみたら、なんと!ガラッと音色が変わり、とても響くようになった!ただ、midiに変換すると「チャーチオルガン」は「チャッチーオルガン」になり、自慢げにUpできる代物ではなくなってしまった。

 合奏クラブが実際に演奏すればこの音源より少し堅めの音になり、響きを持続させるのが難しいが、クラブ員は各自ほどほどの良いギターを使っているので、何とかなりそうな気はするが・・・。

  「アヴェ・マリア」 mp3  

1コーラスのみ短縮してmp3に変換してみたら、2MBまでに収まった。midiよりはるかにきれいに聞こえるが、ワンコーラスでは少し物足りない。


スポンサーサイト



ギターレッスン第8回 ギター弾きの爪(右手)

ギターレッスン第8回 ギター弾きの爪(右手)

 右手の爪はとても重要です。特にクラシックのギタリストは、自分の爪が天然ピックとなるので、爪切りを使わず必ずヤスリで手入れをします。

 ネイル美容のヤスリが使いやすく安価です。爪用なら金属のものもOK。但し爪切りの裏にある荒いのは、爪を痛めるので使用禁止です!

 クラシックのギタリストは爪磨きで形と長さを調節し、更に最後の仕上げとして、細かいサンドペーパー(1500番~2000番)で磨きます。形は指に添うように丸くするのが一般的で、長さは好みによりますが、指頭を目の高さに持ってゆき、手のひらから見て0.5~1.5㎜ぐらいまでの人が多いようです。

 個人的な意見としては、爪が長くなるとタッチが悪くなるように思います。長さや、形で悩んだときは、一度短くしていろいろ試してみます。一週間もすれば延びますから、ピッタリくるまで探しましょう。

 因みに私はヘンケルのセラミック爪磨きを20年来使っています。これは生徒のNさんがドイツ土産で買ってきてくれたもので、高価ですがとても使い勝手が良く、クラシックギタリストの間では愛好者が多いようです。因みに生徒のYさんが同じものが欲しいというのでネットで探したら 「関の刃物屋さん」 で扱っていました。


爪2    右手爪140111
  爪は個人差がありこれがベストとは言えません。私の場合親指は比較的長い目で、人差し指、中指、薬指は裏から見て1㎜程度です。小指は長くても短くても右手の場合関係ありませんが、一応伸ばしています。携帯での撮影で(片手撮影なので)画像が鮮明ではありませんが・・・。

ウィーン・フィル・ニューイヤーコンサート2014

 毎年1月1日にウィーン学友協会の大ホール(黄金のホールと呼ばれている)で行われる「ウィーン・フィル・ニューイヤーコンサート」の今年の指揮者はダニエル・バレンボイム、NHK Eテレで午後7時から放映された。

 毎年楽しみにしていてブルーレイになってからは、画像があまりにも美しいのでDVDに録画保存している。尤も常に再生して見ているわけではないが・・・。

 ホールに飾られるお花はほとんどがバラ、それはそれは見事なもの。昔のテレビと違い液晶パネルでみる映像は本当に素晴らしい。学友協会大ホールの天井画、壁の装飾などの内装は、ため息が出るほど美しい。 演奏はといえばその響きのすばらしさは勿論のこと!更に美しいのは途中でワルツなどに合わせて放映されるクラシックバレー。多分学友協会内で踊られていると思うが室内の装飾がこれまた本当に素晴らしい。

 今年の演奏は、強弱が見事に強調され、去年より女性奏者が目立ったわりに男性的な演奏だった。若い奏者が多く見られたせいかもしれないが、指揮者バレンボイムの意図がなせる技と思う。それにユーモアに溢れサービス精神旺盛な舞台だった。

 年の初めに美しい音を聞き、すばらしい映像が見られるのは何にも勝る幸せ!今年1年幸せになれそうな気分に浸れた。


Musikverein_Goldener_Saal.jpg ウイン


高倉寺宝積院(たかくらじほうしゃくいん)

謹賀新年 ご訪問下さった方へのご挨拶!

 平成26年1月1日、比較的暖かい元旦。今年も無事新年を迎えることが出来、神仏に感謝!今日元日は訪問者もなく、快晴とまでいかないが、幸いお天気にも恵まれたので、通りの向こうにある「高倉寺」へ初詣に出かけた。

 思い起こすと泉北の住人になり40年は優に過ぎたと思う。最近までひなびていて静かで、それが私の好みにぴったりだったが、近年有名になったようで、これまで梵鐘を付かせて頂くのに、並んでいることなど一度もなかったが、今日は10人以上並んでいて驚いた。秘密のスポットが秘密でなくなった!尤もブログにこんな記事を書いてたのでは秘密でなくなって当然といえば当然のことだった!

 高倉寺は古く由緒ある寺で過去に3回取り上げている。
 「初詣 高倉寺宝積院」  2008/01/03 
 「梵鐘」 2008/12/30 
 「高倉寺」 2006/01/02 

お寺の解説を要約すると
◆行基が開創した四十九院のうちの一つ、慶雲2年(705)に造営され、自作の薬師尊像を安置。
◆810年に弘法大師が大日如来を刻み安置。
◆高倉天皇が御幸し深く感銘、「高倉寺」の寺号を拝受。
◆応仁の乱と信長の焼き討ちで消失。
◆真海僧正(しんかいそうじょう)僧快盛(かいせい)が復興に努め、慶長9年(1604江戸前期)岸和田藩主四男、小出三伊(みつまさ)により再建される。
◆明治時代、本坊、宝積院(ほうしゃくいん)以外の塔頭寺院数ヶ寺は廃寺となる。
◆寺院所蔵の「法起菩薩曼荼羅図」(室町時代の仏画)は堺市指定有形文化財。

RIMG22679.jpg 
 本坊宝積院


 
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
QRコード
QR
プロフィール

yok

最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索