FC2ブログ

ブログ移転のお知らせ。

ブログを移転しました。
新URLはこちらになります。

ギターと歩む Day by Day | エコー音楽教室
http://www.echo-music.net/blog/

のこぎり音楽のサキタハヂメさん

 クリスマスイブは。合奏クラブ員が勤務する老人施設でのイベントで演奏することになり、私は参加できなかったが、朝からリハーサルをして、みんなで出かけていった。その時クラブ員のOさんが、私にとってとてもうれしいニュースを教えてくれた。

 彼女は友人と23日(祝)大阪市立公会堂で行われた 「ONE★COIN見学会&コンサート2011」 に出かけ、サキタハヂメ率いる関西のこぎりオーケストラ「70人ののごぎり第九演奏会」を聴くことができ、素晴らしくて感動した!と話してくれた。

 サキタハヂメさんは、のこぎり音楽で今や時の人だが、もとはピアニカの新谷キヨシさんと組み「はじめにきよし」の名前で、表現力の豊かな癒し系アコースティックヂュオとして活動してきた。

 今なお続けている「はじめにきよし」ではギターを担当し、何年か前にしばらく私の教室に通ってくれたことがあった。公民館ギタークラブのOさんは、演奏終了後にハヂメさんと話す機会があり、私のことを話したところ、「先生には音楽の基本を教わり、とてもお世話になり、今の活躍があります。よろしくお伝えください」と言われたとのこと。

 私は恩師から教わったことを私なりに伝授したまでだが、そんな風に言ってもらえて、ほんとうに感激!何よりも素晴らしいクリスマスプレゼントになった。私も恩師の松田晃演先生と今は亡き月村嘉孝先生に感謝しなければならない!
サキタハヂメさんと「はじめにきよし」の更なる活躍を願ってやまない。


RIMG21524.jpg 
「はじめにきよし」の2枚目のアルバム。
 


スポンサーサイト



ギタークラブの成長

 何度か話題にした、泉大津市立北公民館ギタークラブは、結成がいつだったのか、はっきり覚えていないが、確か25年は経ったと思う。個人レッスンで25年も続けていたら、かなりの腕前になっている。しかし個人レッスンで25年も続いた人はこれまでいない。

 このクラブは合奏なので、個人的な技術指導はあまりしていないし、出入りもあるので、どれだけ上達しているか判りにくい。市立学校ギタークラブの場合、中学、高校と6年続くとかなり上達するが、毎年新入生があり、これまた上達の見極めが難しいが、発表の場での演奏を客観的に聴いていると程ほどに判断はできる。

 前回話したように、先日このギタークラブが某クラブ員の居住地でのイベントに賛助出演した。とても好評で大成功だったようだ。これまで何度か賛助出演の機会があっても、クラブ員のみで演奏したことはなかったが、今回私抜きでしっかり演奏できるまでに成長していることが判った。

 個人レッスンでは成長の度合いが一目瞭然だが、集団レッスンは、個人差が有りその成長振りが判りにくい。私は世の親達が自分の子供を、いつまでたっても子供だと思っているのと同じように、クラブ員はまだまだ子供だと思っていたら、大きな間違いだった。いつの間にか自分達でコンサートが開けるまでに成長していた。

P1020100h.jpg
 前回の「ふれあいまつり」の演奏風景。あるクラブ員の娘さんが撮影してくださった。



  
カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
QRコード
QR
プロフィール

yok

最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索