FC2ブログ

ブログ移転のお知らせ。

ブログを移転しました。
新URLはこちらになります。

ギターと歩む Day by Day | エコー音楽教室
http://www.echo-music.net/blog/

土曜日の高速道路

 土、日の高速道路で普通車が一律1000円になり、やがて一ヶ月が過ぎる。毎週、阪神高速から中国自動車道を利用しているが、日ごとに土曜日は走りにくくなってきた。渋滞こそないが、交通量が異常に多い上に、走り慣れない車が多く、スムーズに走れない。

 平日の高速道路は営業車が多くて走りやすいが、休日になると、慣れない道を慣れない車が走るから、いつも同じ道を走っている者にとっては、以前と違って走りにくくなってきた。かくいう私も営業車ではないが、毎週同じ道を長期間走っているのだから、まあ、営業車並と言っていいと思う。

 私が走る距離は1000円未満の短い距離で、それでも800円かかっていた料金が、550円で、さらに阪神高速は700円が500円になり、大変ありがたいのだが・・・。

 いつも思うが、良きことと、悪しきことは背中合わせにやってくる。

RIMG11428.jpg

スポンサーサイト



第22回サラリーマン川柳

 今年もサラリーマン川柳の入賞作品が発表された。川柳は自分では作らないが、作品を読むと思わず笑ってしまう。

 第一位になったのは、「しゅうち心 なくした妻は ポーニョポニョ」 奥さんのことを読んでいるが、今年話題になった、宮崎アニメの「崖の上のポニョ」にかけていて、可愛らしい表現に棘がなく心憎い。

 第二位は、「久しぶり ハローワークで 同窓会」 世相が反映され少々胸が痛い。
 第三位は、「ぼくの妻 国産なのに 毒がある」 少し棘があるが、奥さんの言葉に刺があるのだろうな~と想像してしまう。さもありなん!とわらってしまった。

 今年はその他に山田太郎賞というのがあり、その第一位が「我が社一 ナイスガイだが イスガナイ」 「色男 金と力はなかりけり」の現代版かな?

RIMG12697.jpg

うがい

 神戸で渡航歴のない高校生が新型インフルエンザに感染して以来、急激に感染者が増え、関西地区は大変なことになっている。

 今週から学校は休校、私の関係する公民館も閉鎖され、レッスンが出来なくなった。高島屋の地下食料品売り場では、販売員全員がマスクを着用し、私も慌ててマスクを購入しようと思ったが、何処にも在庫がなく購入できなかった。

 外出から帰宅したときは、以前から手洗いとうがいは励行しているが、一般に手洗いは励行しても、うがいとなると、以外と少ないような気がする。

 そのうがいだが、丁寧にしなければ効果がない。朝起きがけの時など、喉の奥にしっかり水を流し込み、息を吸い込みながら丁寧にガラガラすると、風邪ぎみの時など、初回のうがいで非常に粘っこい唾液が出る。この中にウイルスがいるんだ!と思ったりする。

 普通は水や消毒液を飲み込んでしまいそうで、つい息を吐きながら「ガラガラ」と大きな音を立てて、うがいをしてしまう。そうすることでしっかりうがいをした気分になり安心するが、この息を吐きながらが、すごく問題だと思っている。

 少しの水を含み、息を吐かないで吸い込みながら、ガラガラすると音も立てないで、しっかり喉の奥を洗うことができる。小さい子供とお年寄りには、ちょっと無理かも知れないが、是非一度試してみて欲しい。 

RIMG12713.jpg
  

親知らず その後

 昨年11月に親知らずのことを書いた。いい年になってから生えてきた親知らずの話なのだが、その親知らずを最初に発見してから10年近くは経つ。

 問題のこの親知らずが、最近凄く凍みるようになってきた。我慢できないほどの痛みではないが、演奏会本番の日に痛んだら困るなぁ~と少し心配していた。何とか困ったことにはならず、予約の取れた今日、ようやくいつもの歯科に行くことが出来た。

 本番まで歯痛は起きなかったが、その代わりというか、1ヶ月ほど前、右手親指の爪にヒビが入り例によって、アロンアルファで補修し何とか保たせてきた。ところが本番前日の土曜日、ちょうど弦の当たる場所がヒビで収まらず欠けはじめた。再びアロンアルファでコテコテに補修して事なきを得たが・・・。

 話は横道にそれたが、親知らずは結局そのままにして、虫歯になった隣の歯を大きく削るより仕方がないとのことで、治療をはじめた。

 20代の若さなら、思い切ってこの親知らずを抜いてしまうのがベストだと思うが、横向きに生えているのだから、抜くと言っても大変な手術になるようで、かなりの痛みを伴うらしい。歯医者の好きな人は誰もいないだろうが、うれしくない治療ではある。

RIMG12703N.jpg

トロイカ・マンドリンクラブ 第36回 定演

 毎年5月は地域のマンドリン愛好家で結成する「トロイカ・マンドリンクラブ」が定期演奏会を開催する。今年は第36回目で、公民館のギタークラブ「アルハンブラ」も例年どおり招待され無事演奏会は終わった。

 今回も1stの一人が仕事で参加できなかったし、少ない団員での編成なので、一人でも欠けるのはとても辛い。ギタークラブは、さほど良い出来とは思えなかったが、「[アルハンブラ・ギタークラブ]さんは、ますます上達しましたね!」と言ってもらえた。でも半分はお世辞と思う(笑)。

 今年は苦労して編曲した念願のテーマソング「アルハンブラの想い出」を仕上げた。ソロで聞くと、トレモロの美しい曲だが、原曲のキーのまま三重奏に編曲すると、以外に音程が低いので、とても暗く淋しい曲になり、あの美しさが損なわれてしまう。

 クラブが結成されて20年以上になるが、初めからテーマに編曲して欲しいと言われていて、何度も試みたが、どうしても美しい編曲に仕上げることが出来なかった。

 キーをAmからBmに2度あげてみたら、明るくなりいい感じにはなったが、後半がBmajorで♯5つとなり、ギターとしてはとても弾きづらいキーになってしまう。メロディパートはまだしも、これでは低音のコードを受け持つパートは、バレーの連続で、とても耐え切れない。

 半分諦めかけたが、試行錯誤の結果アイディアが湧いた。3rdのパートは第2ポジションにカポタストをはめ、原曲と同じキーの前半Am、後半Aにして、1st、2ndと違う楽譜を作れば良いではないか!

 成功!とても良い編曲が出来た。ここでも諦めず、またもやこだわって良かった!

CIMG2615.jpg
またまたいつもと同じ変わり映えのしない同じ写真で・・・。衣装だけは少々綺麗になった!

国宝 鑑真和上展

 連休はどこにも出かけないつもりでいたが、奈良博物館で開催されている「鑑真和上展」に混雑覚悟で出かけた。昨年唐招提寺を訪れたとき運悪く、金堂は平成の大修理とやらで、肝心の「鑑真和上座像」を見ることが出来なかった。

 10年あまりもかかった大修理は、今年になってようやく完成、平成大修理記念行事として、我が国最古の肖像、国宝「鑑真和上座像」(8世紀)をはじめ、これまた国宝の四天王立像4体など、70点以上もの国宝、重要文化財などが展示されていた。

 1250年前、唐の国から仏教伝道を目指し、最初の来日を志して12年、5度の失敗の末、6度目にしてはじめて成功。さまざまな苦難を乗り越え来日した、鑑真和上の強い意志と行動力は、想像を絶するもので、座像のお姿は美しく、深い感銘を受けた。

 奈良国立博物館で5月24日(日)まで。入館料は大人1200円。近鉄各駅で前売りが1000円で購入できる。

RIMG12792h.jpg   RIMG12799.jpg
雨の中隣の東大寺に立ち寄った。大仏さまは撮影禁止でなかったが人の頭が一杯で・・・。
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
QRコード
QR
プロフィール

yok

最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索