FC2ブログ

ブログ移転のお知らせ。

ブログを移転しました。
新URLはこちらになります。

ギターと歩む Day by Day | エコー音楽教室
http://www.echo-music.net/blog/

パッションフルーツ

 はじめて知ったパッションフルーツをファッションフルーツと聞き違え、我ながらお笑いものだと思った。届けてくれた彼女は、前回書いたように高校生だが、毎年夏休みは家族旅行を今も続けているそうだ。

 どの家庭も子どもが小さなうちは、何処かに旅行するが、中学生以後はだんだん行かなくなることが多い。昨年行った奄美か沖縄かで食べたのが忘れられず、注文して大阪まで送ってもらったそうで、今年もまた食べたくなって送ってもらったからお裾分けとのことだった。

 言われるとおりシワシワになってから冷やして割ってみた。とても爽やかな良い香りがして、黄色いジュースがこぼれた。スプーンですくって、実を食べた。殆ど種なのだが、甘酸っぱくて今まで味わったことのない不思議な味と食感だった。これは病みつきになりそう!

 それでネットで検索してみた。
トケイソウ科トケイソウ属 。原産:ブラジル地方。 シーズン:国内産 6月~8月頃。 主な産地:鹿児島(奄美)、沖縄、東京(小笠原)。
 
 「パッション=情熱」と思われるが、このパッションは「情熱」ではなく、「キリストの受難」のこと。花の形がキリストが十字架にかけられた姿に似ていることか付けられたようだ。日本では花が十字架ではなく「時計」に見えたので、「トケイソウ(クダモノトケイソウ)」とよばれている。

 形は丸いボール形をしていて、半分に切ると、種を包んだゼリー状の果実と果汁が入っている。それをスプーンですくって食べればよい。甘酸っぱい香りが広がり、種はそのまま飲み込んでもいいし、パリパリと噛んでもOKと説明されていた。

RIMG12100.jpg
 ネットでは形と色は届けられるが、香りと味を届けることが出来ないのが残念!旅をしないで、珍しいフルーツを味あわせてくれたAちゃんとそのご両親に感謝!

スポンサーサイト



理想的家族関係

 悲喜こもごものオリンピックは、北島の世界新と金の二冠、そして女子ソフトボールで感動を呼び、最大の落胆は野球だった。野球で喜び野球で悲しむ、そんな面白い結果で幕を閉じた。

 話は変わるが、ピアノは子どもの時からレッスンし、最近アコースティックギターを我流でやってはみたものの、やはり指導を受けなければ、正しく弾けないと気づき、両親のすすめで入会した優秀な高校生がいる。

 先日英検の2級を合格したと言っていた。両親が高校の先生で、携帯電話は使わない、いまどき不思議な生徒だ。携帯は両親が反対だという。でも、この家族を見ていると、現代版、理想の家族関係という気がする。よほど両親が教育についてしっかりした理念を持ち、適切な対応をしてこられたのだろうと想像がつく。

 本人が言ったわけではないが「この両親の子どもで良かった」「この世に生まれて良かった」と思っているのではないかと、彼女の言葉や態度から想像でき、人間としての尊厳を感じる。未成年者が起こす問題は、その根元に両親の存在があるのではないかと改めて思う。

 その彼女がパッションフルーツを持ってきてくれた。袋を開けたときその色と形から、てっきりイチジクだと思った。私はこのフルーツを初めて知った。シワシワになったら熟すので、冷蔵庫にいれて食べてください。とのことだった。次回その結果を報告する予定。
 
RIMG11270.jpg
 今年の春、桜は満開。向かいの団地にある公園をウオーキングした時の写真だが、綺麗な公園で親子の遊ぶ姿を見かけることはなかった。向こうの方で小学生の男の子が数人サッカーもどきをして遊んではいたが・・・。

教師はロウソクのようなもの

 前回8/20に、このブログで「この一週間みんなが楽しめるようまた頑張ろう!」と書いた。確かに私なりに頑張り、それぞれ満足してくれる手応えを得た。そして今日、自分のブログを開いた。

 先日来、ブログパーツで「人生が輝き出す名言集」というのをつけている。「地球の名言集」から選び出したものらしいが、良い言葉がランダムで出てくるので、楽しんでもらえるかな?とつけてみた。

 そうしたら今日こんな言葉が出た。「教師はロウソクのようなもの。自らを燃やし続けなければ、生徒を照らすことは出来ない」   (by ルーフィニィ)

 不思議な気がした。生徒のみんなを喜ばせてあげられるように頑張ろう!と思っていた矢先なので、もう一度肩を叩かれたような思いだ。

「ルーフィニィ」のことを良く知らなかったので調べたら、イタリアの作家だった。いくつかの名言があるらしい。

RIMG12090.jpg
 お盆の頃、ちょうど満月だった。久しぶりに月を撮ったら、カメラの具合でこんな色に仕上がり、不思議な気分だった。


 

探していた楽譜は一番身近な所にあった

 夏休みも終わり今日から仕事。探していた楽譜は、昨日車の中に放りっぱなしにしていた袋から出てきた。誰かに貸して戻ってきたのか?全く思い出せない。忘れっぽくなった!でも良かった!

 久しぶりに時間どおり動くと、やはりちょっと窮屈で疲れる。年々歳とともにのんびりやりたくなっているが、休みがつづくと、やる気のある生徒は不安になるのか、私の言葉をまじめに受け止め、努力しようとする。そんな手応えを感じて、またこの仕事が出来る今の自分を幸せだと思う。

 この一週間、みんなが楽しめるようまた頑張ろう!

RIMG11796sign.jpg


楽譜の整理

 今週いっぱい夏休み。毎年休みの前に今年こそコピー楽譜の整理をしよう!とこれまで何回夏休みを迎えたことだろう?

 先日ある友人からゴンチチの楽譜を持っているか聞かれ、その曲なら持っているので探したが、どうしても見あたらない。これはいよいよ楽譜の整理をするしか手がないと少し頑張った。

 8割方整理をしたが、肝心の楽譜は見あたらない!有名な曲や、よく使われる曲は、見つけやすい所に保管しているので、捨てない筈だから、誰かに貸したままになっているような気がするが、思い出せない。
 
 製本された楽譜は整理しやすいが、コピーされたものは増える一方で整理がつかない。貯まりっぱなしになった楽譜を、捨てようか残そうか迷いながらクリアファイルに入れた。それでも整理しきれないのが、まだまだいっぱいある。最近ヒットした「J-ポップ」などの弾き語り楽譜は貯まる一方。どんな整理法がかさばらず、探し出しやすいのか、いろいろ試すが、決定的なものは見あたらない。

 ヒット曲の中でも長く引き継がれた曲は、「○○曲集」として出版され、その中に入ってはいるが、購入しても使う曲はそのうちの1~2曲ということが多い。そんなことを考えると残そうか?ってことになり悩むところだ。

 結局整理というのは、人それぞれで見つけやすい方法を考えるしか仕方ないのだろうか?

RIMG11805.jpg RIMG11791.jpg
 お盆の間、仏壇もどきにささやかなお供えをしていたが、今日は送り出した。こんなに綺麗な蓮を供えることは出来なかったので、せめてネット上で・・・。

ネットで墓参?

 お盆が近づき、いつものように兄が早い目の墓参に誘ってくれ、兄夫婦と姪夫婦と5人で出かけた。堺市の公園墓地、鉢ヶ峰はチラホラ人影を見かけたが、まだまだまばらで、混雑を避けて正解だった。

 先日テレビで、インターネットで墓参が出来るという番組を見た。どういうことだろう?とみていたら、そのサイトに登録すると、ドラッグ、ドロップで、登録したお墓に水掛、献花、線香を供えるまで、すべてが出来て、離れた地域にいる人たちに喜ばれるというのだ。

 人は何のために墓参をするのか?考えさせられてしまった。形だけの墓参に何の意味があるのだろう?!!!でも、そんな墓参りをする人から見れば、混雑を避け日程をずらして墓参する、それと変わりはないではないか!と言われるかも知れないが、基本的な心意気が違うんだけどなぁ~!

RIMG11797sign.jpg
 先日訪れた唐招提寺で咲いていた鉢植えの蓮。


ネイルのお洒落

 2008年8月8日、今日は00回目の誕生日だが、8並びということで、北京オリンピック開催日と重なった。8月7日生まれの知人ともう一人の友人と3人で以前に行ったことのある、国際交流センターの近くにある、創作料理の店「とみか」でお誕生会をすることになりでかけた。

 ちょっとお洒落をしたい気分で、普段は絶対出来ない、ネイル美容をしてみようと、脱着できる人工爪を着けてみた。ピンク色の爪にビーズが施されとても綺麗だ。今日一日、爪のオシャレが楽しめた。

 ネイルといえば、母が他界前にお世話になったホスピスで、看護士さんが「ネイルを楽しみましょう」と、そんなお洒落などしたことのない母の爪に、真っ赤なマニキュアをしてくれた。普段の母なら、「こんな恥ずかしい!」と嫌がるはずなのに、その時は拒絶もせず、嫌がりもしなかった。

 その二日後に母は他界した。葬儀の時、母にお化粧をしてくれた葬儀屋さんが、「真っ赤な爪でお洒落だなぁ~と思いました」と言っていた。


 実際に付けている写真を載せたいが、さほど美しくもない手を見せるのは・・・ということで人工爪のみの写真でお許しいただこう!爪のお洒落をしたくても出来ない職業の人たちに、これはお勧めできる!
 

遠花火

 8月に入った。毎年8月1日にPL教団の花火大会が開催され、ここ数年は我が家の窓から遠花火ながらも、結構大きく見ることができていた。

 レッスンの予定があったが、帰りの道路混雑を考えると気が重く、幸い社会人もなく、全員学生なのでレッスンを早くすませて余裕で帰宅した。もちろん遠花火を楽しむ狙いもあった。

 ところが8時を過ぎても、花火の音が一向にしない!?どうなったのかな~?と思いながら窓から眺めていたら、今年は打ち上げ場所が変わったのか、遠花火も良いところで、遥か彼方に小さな花火の光を見つけたものの、わざわざ眺める気にもならないほど、つまらないものだった。

 最近近くで花火を見る機会が少ない。出かけたいがあの混雑を思うとつい止めてしまう。花火は展覧会と同じぐらい大好きな催しなので、近くで見たいと思うが、なかなか実現しない。

 明日は三田まつりで、夜は結構大きな花火を見ることができるのだが、駐車場からの帰りの混雑を思うと、やはり止めておこうと思う。こんなふうに我慢して帰ったのに、高速でこの間のような大きな事故に遭遇し、渋滞に巻き込まれたら、同じ渋滞に巻き込まれるなら花火を見ておくんだった!とムカつくだろうなぁ~。

RIMG11852.jpg
 花火の良い写真が手元にない。というより撮れていない。先日行った水族館で見た花火のようなイソギンチャク?で代用!

カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
QRコード
QR
プロフィール

yok

最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索