FC2ブログ

ブログ移転のお知らせ。

ブログを移転しました。
新URLはこちらになります。

ギターと歩む Day by Day | エコー音楽教室
http://www.echo-music.net/blog/

唐招提寺は修理中

 多忙な一週間が終わり、7月も残りわずかになったが、今月は水曜、木曜が5週あり、発表会も終わったことだし、少しのんびりしようかと、休むことにする。ちょうど友人と奈良に行くことになり、この暑いさなか、唐招提寺と薬師寺に出かけた。

 何も調べずに出かけたら、唐招提寺の金堂は大規模な修理中で、何も見ることができなかった。しかもあの国宝「鑑真和上座像」は7/12~8/31まで、静岡県立美術館に貸し出し中とか!ついてないことこの上ない!有名なハスも沼のほうはまだ早く、鉢植えのみを何とか見ることができた。

 その後、薬師寺に行ったが、こちらは何年か前に修理が行われたようで、伽藍も回廊も美しく、1300年から現在に至る歴史を持つ東塔と1980年代に修理された比較的新しい西塔が対照的にたたずみ、奈良らしい趣を感じることが出来た。

 法隆寺に足を伸ばす予定だったが、この暑さの中、とてもじゃないが元気が出なくて諦めた。

RIMG11819.jpg RIMG11820.jpg

左が東塔。6重の塔に見えるが、各層に裳階(もこし)と呼ばれるのがつけられ、この特異な形が律動的美しさを保ち、「凍れる音楽」という愛称がつけられているそうだ。何故凍れる音楽なのか?ピントこないところがあるが・・・。写真右が新しい西塔。

スポンサーサイト



多忙な一週間

 学校のギタークラブは、試験前、試験中と、練習できなかった時間を取り戻すため、今週は集中練習することになり、私は私で、月末は5週目に当たる曜日があるので、休む予定。だからフル回転しなければならない忙しい一週間となった。

 今週の土曜レッスンは、先週と打って変わって、高速道路はスムーズ、渋滞は全くなく、多忙だった一週間の疲れを忘れさせてくれるほど、快適に走れた。一つの事故は、これほど大きな影響を与える。高速道路を歩くより遅い速度で通るのは100倍も疲れる。

 この一週間特に大きな問題もなく、ただただ忙しい一週間となった。それだけのことなのだが、忙しく働けることは、健康な証拠だし、事もなく無事に過ごせたことを、喜ばなければならないのだろうな。いつもの事ながら、神に感謝!

RIMG11653.jpg
 ロケットみたいな花を見つけた。名前は分からない。 

事故のない夏休みを!

 夏休み最初の土曜日、しかも3連休。高速道路が混むのを予測してレッスンに出かけたが、行きは予想に反してすんなりと走れた。
 
 早い時間の一人から、葬儀が入ったと、振り替えを依頼されたので、最終にまわってもらい、いつもより30分遅れで帰路に就いた。それでも9時には自宅に帰れる予定だったが、高速の入り口で「事故のため8キロ渋滞」の標識が出ていた。

 西宮名塩という場所はカーブが多く、よく事故の起きる場所で、時々巻き込まれる。でも8キロなら大したことはないだろう!と高をくくり気楽に入った。合流点ではもうビッシリ詰まっていて、かなりの渋滞!仕方なく流れに沿ってノロノロ走ると言うよりむしろ止まり止まり歩いているようなスピードの流れに沿って合流した。

 豊中池田のインターまで、普通なら10分の距離が2時間もかかり、帰宅したのは11時を過ぎていた。あぁ~疲れた~!!!

 自家用車8台による事故と報道された。私が通ったときは、すでに処理されていて、事故現場を見ることはできなかったが、その場所に行くまでに、幅寄せして話し合っている車を何台か見かけたので、二次的事故ではないか?と思ったりした。

 夏は日本列島大移動する。交通事故ばかりでなく、山、海、川など、事故がおきやすい。特に長距離で慣れない場所の運転は、安全を第一に心がけ、楽しい夏休みを送って欲しいものとつくづく思う。

RIMG11092a.jpg 
 満月でもこんな不気味な夜を迎えないよう、お互い注意しよう!


カサブランカ

 発表会も久しぶりなら、花束をもらうのもこれまた久しぶりで、5年生の「Iちゃん」のおばあちゃんが、彼女と私に花束を贈ってくださった。いただいた時は、こんなに豪華だとは知らなかったが、家に帰ってリボンを外したら、普通の花瓶ではとても入りきらないほどの量で、ベランダに出している一番大きい花瓶を用意した。

 玄関に飾ったが、今日帰宅して、ドアーを開けた途端、すばらしい香りが漂った。大きなカサブランカが何本も入っていたからだ。今もこの部屋に香りが漂ってくる。音楽と花はどちらも「癒し」の代表で、幸せを運んでくれる。 

 花言葉を調べたら、「雄大な愛」「威厳 」「高貴」 となっていた。私の持っている「366日誕生花」の本の中には、カサブランカは入っていなかったが・・・。

RIMG11776.jpg


発表会

 久しぶりに開催した発表会は無事終了。随分期間が空いたことと、昨年から小学生が増えたことが重なり、予想以上の参加で、とても楽しい会を催すことができた。

 子ども達は可能性を持っていて、見ていてほんとうに楽しい。本人達は緊張しながらも、結構楽しんでいる。そんな屈託のない姿を見ると、とても羨ましい。

 反面、私を含め殆どの大人は著しく緊張する。自分が子どもの時はどうだったのだろう?と思い起こしてみるが、何も思い出せない。これまでは周りの人を見ていて、上がらないタイプの人は珍しかった。これからの若い人たちは、われわれの時代とは違ってくるようにも思うが、上がりやすいタイプとそうでないタイプがあるように思う。それは子どもにも当てはまるようだ。

 今回の発表会で、最終練習より上手く弾けた成人の女性が一人いた。今までのレッスンのなかで一番良い出来だと思った。最終練習から本番まで、三日ばかりの日数だったから、練習だけの問題ではなさそうだ。次のレッスンで、何か秘訣があるのか聞いてみよう!





未容柳(7月7日の誕生花びようやなぎ)

 7月7日。七夕は年にたったの一度、彦星と織姫がデートできる日として、この日に入籍したり、結婚したりする人がけっこういるらしい。ロマンティックでなかなか良いと思う。

 今年も楽器店に用意された笹の葉に、子ども達がたくさんの短冊を吊しているが、「ピアノがじょうずになりますように」と、願いはみんな同じらしい。楽器店の私のクラスは小さな子どもがいないので、「ギターがじょうずになりますように」と言うのは一枚もない。大人は「こんなこと書いたところで、上達できるわけがない!」と思っているので、夢がない!

 以前から持っている誕生花の本をみていたら、7月7日の花は「未容柳(びようやなぎ、別名びじょやなぎ)」だそうだ。「美容柳」とも書くと記述されていた。この間から何枚かこの花の写真を掲載したが、名前を知らなかった。鮮やかな黄色で綺麗で良い色だなぁ~と思っていたが、花言葉は「気高さ」だそうだ。

 確かに気高い感じがする。「この日生まれのあなたは」をみたら、『小さいときからしっかり者の優等生タイプ。目標に向かっていつも頑張ってきた人です。でも、頑張ることに最近疲れてきたかも。ゆっくり自分をいたわってください』とあった。

 知り合いの中には、誕生日という人はいないが、七夕生まれの方、当たってるかしら?

RIMG11599.jpg
 私の名前の「容」がつく。誕生日は違うが、自分のことを指摘されたような気がしなくもない・・・。

40にして惑わず・・・どころか!

 7月に入り、先週から今週にかけて忙しい毎日、全くゆっくりする時間がなかった。良いことと悪いことはいつものように交互にやってくる。そのたびに一喜一憂する。

 若い頃に比べると、ドギマギすることが少なくなったものの、程良い齢(よわい)を重ねているというのに、やはりドット落ち込むことがある。それは誰しも同じことだろうけれど、「40にして惑わず。50にして天命を知る」って、漢文の授業で教わったが、現代は長寿だから、40歳なんてまだまだひよっ子では?その歳をとうに過ぎた者としては、僻みだと言われようとそう思う。

 「50にして天命を知る」は当たっているような気もするが、まだ50歳でこんな風に悟ってしまうのも考えものだし、それよりこの思想はネガティブだ。80歳、90歳で現役バリバリの方達を時々TVなどでみる。

 この詩が作られた時代の中国ではこれで良かったのだろう。今は自分流に解釈して、ポジティブに生きたいものだ・・・。

RIMG11542.jpg
 最近夜遅くに、よくうたた寝をする。ハット気がついたら、かなりの時間が過ぎ、その後は寝つきが悪く、朝を迎えることも度々ある。宵っ張りの私が珍しく、窓から朝日が撮れた貴重な?写真。「陽はまた昇る」

カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
QRコード
QR
プロフィール

yok

最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索