FC2ブログ

ブログ移転のお知らせ。

ブログを移転しました。
新URLはこちらになります。

ギターと歩む Day by Day | エコー音楽教室
http://www.echo-music.net/blog/

喫茶店「珈夢亭」

 コーヒーは一日に一度は飲みたいと思う。泉北ニュータウンに暮らして久しいが、高島屋の3Fに「珈夢亭」(こむてい)という喫茶店があるのを知らなかった。

 私と名前が同じyokoさんが案内してくれた。3階の隅っこなのでちょっと判りにくい場所で、始めていったときは6時を過ぎていた。こんな時間帯にコーヒーを飲むと私は眠れなくなるので、ココアを飲んだ。

 yokoさんは店長さんと親しいらしくしばらくすると、店員さんがやってきて、yokoさんの耳元で何かささやいた。「特別のコーヒーをサービスしてくれるって言ってるけど・・・」とyokoさん。

 閉店間際、客が少なかったので言ってくださったらしいが、私はこの時間は・・・と一瞬迷った。だが、せっかくの好意を!とありがたく頂くことにした。

 しばらくして何とも芳しい香りとともに、そのコーヒーが運ばれてきた。昔、今は亡き恩師月村先生から、美味しいコーヒーの飲み方は、はじめに二口か三口ブラックで香りを楽しんで飲んだあと、水を口にふくみ、口内を新たにして、砂糖やミルクを入れて飲むと良いと教わったことがあった。

 素晴らしい香りが漂ったとき、そのことを思い出した。引き込まれそうなその香りを楽しんだあと、ミルクだけを入れて二度の味を楽しんだ。コクがあってマイルドな味は砂糖を必要としなかった。

 これまでに味わったことのない不思議な味で、ミラクルコーヒーと私は名付けたが、「コーヒーを入れることしか取り柄がないので・・・!」とこだわりの店長さんは言った。

 いつもこのコーヒーを入れてくれるわけではないので、今度はいつ味わえるのか、初恋の人にキスされた気分だった。その初恋の人はどんな人で、どんな味?と聞かれても困るが・・・。

 不思議なことにその夜は悩むことなく眠りに誘われた。

RIMG10280.jpg

RIMG10270.jpg
昨日は気に入ったケーキ、黒豆のタルトを注文した。コーヒーはミラクルコーヒーではなかったが。
スポンサーサイト



選挙は終わったが・・・

 暑さをしのぎ参院選には夕方出かけ、帰りにデパ地下に寄った。いつもの日曜なら、この時間帯レジは長蛇の列ができるのに、今日はスカスカ。何故だろう?と思ったが、あぁ!選挙のせいだ!と気がついた。

 ところが夜、投票率を見てみたらさしてアップもしていない模様。あのデパ地下の隙具合は何だったのだろう?

 そして選挙の結果は予想を遥かに越え自民党大敗、民主党のめざましい躍進。これからどう変わっていくのだろう?

 今、毎日放送を見ていたら街頭の声がテロップで流れ「日本人であることが誇りに思える国にして欲しい」というのを見つけた。「して欲しい」ではなく「一人一人が誇れる人間になれば、誇れる国になるのでは?」と言いたい。最近は「ああして欲しい」「こうして欲しい」と言いすぎる。日本国民として自分は国のために何ができるのか一度でも考えたことある?と聞いてみたい。

RIMG0267.jpg
気持ちの悪い写真だが、選挙に行く前にいつもの道を歩いていたら、この間いっぱいあったキノコはみんな無くなっていた。でも、この得体の知れない白いキノコを新しく発見。本来白は美しいはずだが、キノコとなると何となく不気味。

ほおずき

 自宅のレッスンに毎週庭の花を切って持ってきてくださる方がある。お陰で木曜日は何かしらお花を楽しむことが出来る。

 昨日、その方が「いただき物のお裾分けです」とほおずきをもってきてくださった。目の覚めるようなオレンジ色のその美しい実を見ていたら何とも懐かしい思いが湧いてきた。

 小さいころ父の郷里である福井県で暮らしたことがあった。その時ほおずきの実から種を出し、口にほおばってきゅっきゅっと鳴らした記憶がよみがえった。はじめは上手くできず、近所のお姉さんたちに教わって悔しがったような気がする。

 今もできるか試してみたい気がしたが、しばらくはこの妖しく美しい実を眺めていたいので花瓶に生けよう。因みに花言葉は偽りだそうな。

RIMG10264.jpg

またもやメモリが破損

 昨日の火曜日はいつものように「カノン」の練習を予定していたが、「この間から横っ腹がずっと痛むので、ちょっと検査に行ってくる」と愛子さんから連絡が入った。

 午後になって「今日の検査は終わったから帰るけど・・・」とメールが来て、ちょっと心配だったのと、8月に依頼のあった老人施設での演奏をどうするのか、相談しなければならないので彼女の教室に出かけた。

 練習はもう無理だし、先日の演奏DVDをまだ見ていないというので、ギターは持たずにノートPCを持っていった。2曲目まで見たところで映像が急に消え、青い画面が一瞬でたと思ったら、立ち上がらなくなってしまった。

 今年に入ってどうしてこうも不具合が起きるのだろう!仕方がないので、帰りにパソコン工房に寄った。閉店間際だったが多分メモリと思うと言われ、エラーのスキャンをしてくれたら、最後に赤いエラー表示がドドドっとでた。

 どうやら2本あるメモリの1本(512MB)がまた破損したらしい。電気製品は当たりはずれがあるのは分かるが、あまりにもハズレに当たりすぎる!

RIMG3077.jpg
キノコのページで書いた苔のある場所はこんな感じ。ちょっと淋しい道だが明るいうちにウオーキングするにはあまり危険はない。ホッとする私のお気に入りの道なのだ。

キノコ発見!

 先日の中越沖地震が発生して一週間が過ぎようとしている。被災された方々に心からのお見舞いを申し上げたい。掲示板をお借りしている tatu net さんは新潟県なので心配していたが、大きな被害がなかったと知り一安心! 大阪も先週は台風4号の接近が心配されたが事なきを得た。

 現在のニュータウンに居住して30年以上になるのに、いまだにこれまで気がつかなかった新しい発見がいろいろある。今年は長梅雨で降雨量が多かったせいか、今日ウオーキングの途中で何種類かのキノコを見つけた。

 ニュータウンを開発するとき、自然を残してくれたお陰で、所々に雑木林が残されていて、日当たりの悪い場所では苔があったりする。山間部に住む人々にとっては、ごく当たり前の風景だと思うが、自然の少ない環境で暮らす私にとっては凄い発見なのだ!

 たぶん毒キノコと思うが、こんなに何種類も発見するなんて思ってもいなかった!今年はひょっとしたら松茸が豊作で、庶民の私の口にも入るかも知れない。そういえば、しめじがいつもの半額ぐらいの値段だった!

RIMG10237.jpg

RIMG10248.jpg

RIMG10253.jpg
↑このキノコはおとぎ話によく出てくるような水玉模様。いかにも毒キノコのイメージだ!水玉模様をもっとはっきり撮したかったが、高いところにあって、綺麗な?水玉を表現できなかった。残念!

ハイアット・リージェンシー・オーサカ ホテル

 結婚式を何年前にしたのか、すっかり忘れてしまった私にはあまり関係ないが、結婚を控えた若い女性には大阪南港にある、ハイアット・リージェンシー・オーサカ ホテルはとても人気がある。

 ある知人から娘の結婚式では、カラオケなどはしないので・・・ということで、アンサンブル・カノンで演奏を引き受けたが、その後披露宴ではシンセサイザーの生演奏が料金に含まれていることが判り、私たちの慣れない演奏より遥かにその方が効果的だからとお断りすることになった。

 そのホテルは相棒、愛子さんの教室から近く、1階の「ザ・カフェ」では火曜日がレディスデーで安いランチが食べられると聞き及んだ。8月に予定していた二つのボランティア演奏のうちの一つ、書道の先生が主催する作品展での演奏日程がどうしても合わず、没になり切羽詰まった練習がなくなったので行ってみようということになった。

 イタリアン風バイキングで、サラダ、デザート、ケーキがふんだんに揃っていて、女性には絶好の献立だった。ただ、コーヒー通には少し不満が残るかな?

 発表会では、多忙な愛子さんに無理を言って迷惑をかけたので、今日は私からささやかな労いにとさせてもらった。雰囲気は最高!おなか一杯!二人とも大満足!

RIMG10233n.jpg


RIMG10234n.jpg
ザ・カフェに行く通路の窓の外に蝶々が静かに止まっていた。真下には池があり、鯉が悠々と泳いでいた。 

長岡克己ギターリサイタル

 先週は特に忙しいわけではなかったが、アンサンブル・カノンの演奏予定が8月に二つあり、新しいレパートリーも作らなければとあれこれ探しても、思うような曲が見あたらず、選曲とプログラム作りに時間を取られ、アッというまに一週間が過ぎてしまった。

 昨日から心配した台風4号は、ここ大阪には大きな被害をもたらすことはなかったが、九州や四国に大きな被害があり、その地域の方々には心からお見舞いを言わなければならない。 

 先日smgギターから長岡克己ギターリサイタルの案内があり、会場は家からも近いので、教室の何人かに声をかけ出向いた。

 長岡氏は体格の立派な方だが、演奏は非常に繊細で丁寧に仕上げ、細やかな感性、優れたテクニック、透明な音色が魅力的な演奏会だった。最近はテクニック+豪快さを誇る演奏が多いので、観客が戸惑ったのか拍手の弱いのが少し気になった。

 おこがましい言い方だが、こんなスタイルの演奏を楽しむのも、せかせかと生きる現代の日本には必要な気がする。

K.NAGAOKA.jpg

子供のネットサーフィン

 何ヶ月か前からレッスンに訪れている小学校の先生がある。まだ若い男性でギターを弾いて子供たちとみんなで歌いたいという。はじめはリズムパターンの基礎をいくつか練習して、何曲か仕上げた。

 反応はとても良いそうだ。クラシックの練習のように、はじめから終わりまで丁寧に完璧に練習することはしないが、と言うよりそうするべきとは思うが、でもそれではいつになったら実用化出来るか判らないので、ご本人の希望もあり繰り返しなどは省き、一番の歌詞が歌えればOKということにしてきた。

 その先生はネットサーフィンをする子供たちを嘆いている。パソコンは便利だが、ネットにはまってしまうと、長時間にわたり人とのコミュニケーションのないまま無駄な時間を費やしてしまう。ネットで疑問点を調べても、頭の中に整理ができている訳ではない。

 今の子供はプリンターをかけるだけで、本人は十分調べた気分でいる。実際に辞書や参考書で調べなければ実力は身に付かない。情報が簡単に得られるから夢が持てなくなる。未知の世界だから夢がふくらむのであって、安易に使いこなしてはならないと思うという話を聞いた。

 なるほど、我々のように紙に記録して勉強してきた者は、PCほど便利なものはないと思う。でもそれは、コツコツ基礎を学ぶ古い時代に生き、だんだん辞書の文字が見にくくなり、PCはなんと便利なのだろうと思った時に言えることで、これから基礎学力を養わなければならない子供たちが、辞書も引かず、紙に書き込まず、参考書をみて自ら調べることもしないのでは、本末転倒なのかも知れない。

 パソコンをするにも親とのコミュニケーションは欠かせない家庭の問題なのだと思えてきた。

RIMG10103.jpg

発表会のDVDを見る

 桑原先生が送ってくださったDVDを、恐る恐る見てみた。デジカメの動画機能を使ったとのことだが、綺麗な映像で撮影されていた。編集もなかなかの出来で、これだけするのは大変な時間と労力を使われたこととお察しする。本当に感謝の気持ちでいっぱいだ。

 当日は他の方たちの演奏は殆ど聞けなかったので様子がよく判った。今年はみなさん良い演奏だった。

 私の教室からは4人が参加したが、それぞれ普段どおりの演奏ができていた。普通は普段の力を100とするなら、その80%の力が発揮できれば上々で、おおかたは60%ぐらいの力しか発揮できないのが普通だ。やはり子供たちは強い。

 さて、アンサンブル カノンだが、思った通りまあまあの出来だった。聞いてくれた方たちは良かったと言ってくれたし、今回はあまり上がらず落ち着いて弾けた。やれやれ一安心。老人施設と違って耳の肥えた耳セレブな人たちに聞かれるので、ちょっと気合いを入れて練習をした。

 やはり一に練習二に練習、練習がすべてと言うことだろうか。

RIMG2969.jpg
当日までに弦を張り替えたが、いつもの弦を張ったのに、第2弦ハイポジションの響きが悪くどうにも我慢が出来なくて、第2弦のみまた古いのに戻した。弦も出来の良いのと悪いのがあるのかな?

発表会のDVD

 発表会と気にかかっていたカノンの演奏も終わり、まるで気の抜けたビール状態の二日間が過ぎた。そろそろ元のペースに戻さなければ!と思うのだが、演奏会前夜人間関係の行き違いが起き、精神的に少し参っていた。

 気が抜けた苦い苦いビールを無理して飲む気分の二日がすぎ、今日はようやく少し力が湧いてきた。公民館ギタークラブの次の練習曲選び、アンサンブル・カノンの8月に依頼を受けたプログラム作りなど、しなければならないことは山ほどある。もちろん本業のレッスンと自分の練習も疎かに出来ない。

 今年に入ってギターアンサンブルのための編曲を一曲もしていないので何かしなければと思うが、何となく気が前に進まない。

 そうしたら桑原先生から当日の演奏風景をDVDに収録したものが送られてきた。綺麗に作られていて感激!そして感謝!でも自分の演奏を聴いたら、感激とはいかないだろうなと思うと、見たいような見たくないような?!!!

RIMG0221.jpg
カレンダー
06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR
プロフィール

yok

最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索