FC2ブログ

ブログ移転のお知らせ。

ブログを移転しました。
新URLはこちらになります。

ギターと歩む Day by Day | エコー音楽教室
http://www.echo-music.net/blog/

低反発ポリウレタン枕

今日からゴールデンウイーク。私も来週の土曜日まで休めるが、
特に予定は立てていない。

ところで、教室には生徒のために薬品会社の薬箱を常備している。
昔の富山の薬屋さんみたいに、年に何度か新しい薬を交換に来てくれ、使った分のみ精算するシステムになっている。

昨日、その製薬会社の営業マンが、今話題の低反発ポリウレタン枕を、試して欲しいと置いていった。
もともと私は枕らしいものを使っていなくて、バスタオルを折り畳んだ
ものを枕代わりにしている。だから、薄いのが好みでたまにホテルに泊
まると、寝付きの悪いときがある。

その枕はこれまた今流行の、首に当たる部分のほうが分厚くなるよう
カーブがつけられていた。

頭を乗せたるとすぐには沈み込まないので、なんだか不思議な感覚
だった。しばらくすると、ジワ~と頭が暖かくなるような気がした。
「頭寒足熱」と昔から言われるが、今は考え方が変わったきたのだろうか?

まあしばらくは使ってみなければ何とも言えない。

RIMG1568.jpg

RIMG1598.jpg
この間のにわか雨のあと、チラホラ咲き始めたつつじ。水滴を上手く撮りたかったが、
ピントが今一!

スポンサーサイト



藤の花

いつも散策する団地の公園に、いくつかの藤棚がある。この間から
白色の藤が咲き始めたが、今日はもう満開。紫の方はまだチラホラ
だった。

紫のが一輪だけでもズームで撮れないかな~と棚を見上げていたら、
なんだか嫌な鈍い、ブ~ンという音が頭上でする。ふと気が付けば
親指大の大きな蜂かアブか判らないが、フォバリングしていた。
まるでおもちゃのリモコンヘリコプターのようだった。

途端に危ない!と怖くなり、カメラを向けるどころか、急いでその
場を離れた。しばらく行くと山つつじがチラホラ残っていたり、
ガーデニングのお花が一杯あったりで、近づくとまた同じ音が
聞こえた。今度は1匹や2匹じゃなかった。

よくフォバリングを上手に撮っている人がいるが尊敬する。私は
命がけじゃないと撮れない。

百花爛漫。この季節は最も花の多い季節だから蜂たちも書き入れどき。邪魔者は敵と見なされるのだろう。彼等は槍という武器を持っている。「触らぬ神に祟りなし」とばかり諦めた。彼等の仲間が集めた密を、
わたしは横取りして食べてるのだから、まあいいか!

因みに誕生花の本によれば、藤は4月6日の花、花言葉は
「あなたに夢中、至福のとき」となっていた。

RIMG1482.jpg
一週間ほど前はまだこんなだった。
RIMG1514.jpg
昨日はもうこんなに満開!今日は蜂のお陰で藤から退散した。

気軽に話せない

昨日今日とまあまあの天気に恵まれ、午後からいつもウオーキングで通る道を、美しい鳴き声を聞かせてくれる鶯の声を聞きながら歩いた。ニュータウンを開発するとき、所々に自然を残してくれたので、あちこちに樹木のある小山が点在している。

昨日はいつもと違う道を歩いてみたら、一つの公園に出た。暖かい一日だったこともあり、沢山の親子連れが楽しいひとときを過ごしていた。私は、いつものように写真の題材になるものはないかと、キョロキョロ見回していたら、自転車に乗った小学校低学年の女の子とぶつかりそうになった。

彼女は急ブレーキをかけ、私は咄嗟に止まった。お先にどうぞ!というつもりで、「ド~ソ!」と笑って片手を広げ促したら、緊張していた女の子はニッコリ笑って自転車を漕ぎ出した。

花を見つけカメラを覗いていたら、「おばちゃ~ん!」と言ってそばに寄ってきた。話したかったが、前に「独楽まわし」でもふれたように、最近は知らない子供に話しかけると、白い目で見られる!という邪悪な思いが頭をよぎり、「はぁ~い」とだけ答えた。

心が冷たく淋しかった。こんなに素直な子供達に、他人の大人はどう接すればいいのだろう。これから日本の人間関係はどうなってゆくのだろうと。

RIMG1551.jpg

道路沿いに残された自然の小山に、一週間ほど前から見つけたこの花は、多分あけびの花だと思う。でも、鬱蒼とした樹の中に咲いていて、しかもフェンスのはるか向こう側。光が届かず何度撮ってもピンぼけばかりだった。今日はじめて少しましなのが撮れた。ようやく先程の淋しい気持ちが癒される。

心にも栄養を!

「トップランナー」に書いたイマジネーションの問題を取り上げ、「心にも栄養を!」(私のホームページのキャッチフレーズ)のテーマーで「五感」「感性」などを整理し、約束の先生にメールで見ていただいた。

OKが出て、「またお願いします。」と言っていただけたのでホッとする。良かった!その記事は6月に発行予定だそうだ。その前にここで公表するのはマナー違反と思うので控えておこう。発行されたら私の考えを読んでいただけると嬉しい。

「五感」や「感性」の問題を記事に整理して、思い出したことがある。母は90歳以上の長寿だったが、やはり90歳を越えた頃から、軽い認知症が現れた。

介護制度がはじまり、ヘルパーさんに来ていただくと、調子の良い日は人への思いやりがあり、自分が世話される立場なのに、そそくさとお茶の接待をしようとする。入院中も私には、「忙しいだろうから早く帰れ」と言う。ところが、体調が悪く、身体に痛みがあったりすると、自分の身体を守るのに精一杯で、人への思いやりなど湧かなくなる。

カントが言う「健康な精神は健康な肉体に宿る」ということだろうか。
母の場合は本来思いやりのある人だったので、認知症が現れても、わがまま言い放題ということは全くなかった。でも、病室の他の老人を見ていると、どうにも手のつけられない人が結構いた。

現代の我が儘放題に育った子供が、老人になった時はどうなるのだろう?とふとその時思った。こうはなりたくない。なってはならない!

RIMG1485.jpg

「庭に咲いたスノーフレーク(鈴蘭水仙)です。」と言って、例の78歳になる生徒さんが持ってきてくださった。鈴蘭のようでなんと可憐な花でしょう!早速小さな花瓶に入れて飾る。4月9日の誕生花で、花言葉は純潔、けがれなき心。

ギター修理結果報告

3月19日と25日の記事でギターが壊れたこと、そして修理したことを書いた。その結果報告を忘れていた。

このブログを読んでくださった方の中に、ギターを愛していらっしゃる方がいたら、あのギターのその後は?と気にしてくださっていると思う。

実は、不思議なことに以前にも増して、すご~く調子が良くなった!思うに以前から少しずつひび割れがあったのかも知れない。ここ2年ほど前から、何となく音が悪くなったなぁ~と感じていた。

古いことは事実だが、まだまだ充分使えるものだったし、前は生徒のみなさんから「このギター良く響きますね。」と言われていたので、どうなったのだろう?と不思議だった。

アロンアルファーでの修理は素人丸出しで、不細工なことこの上ないが、音は凄く良くなった!万々歳!ご心配くださったみなさん、ご安心ください。ありがとうm(__)m

前回約束の記事「五感」を「続きを読む」に掲載。よろしく!

RIMG1342.jpg

続きを読む

今度はラジカセが!

以前このブログで、去年からいろんなものが壊れる。特に今年に入ってパソコン、デジカメ、携帯電話、照明器具、ギター、爪(ギター弾きにとっては大切なもの、天然ピックだから)と壊れたことを書いた。

もう一つ忘れていた。教室で使ってる、おろしたてのメトロノーム。そうしたら今度はまたもや教室のラジカセが壊れた。確か5年保証にしていたと、保証書を探したがいくら探しても見あたらない(Q_Q)↓

ジョーシンで買ったので電話で聞くと、登録の記録があるのでOKだとのこと。やれやれホッとしたが、また2週間ほど使えないのだろうな~。

つづきを読むに「教育改革通信」の原稿「音楽とは」を書いてみた。

RIMG1355.jpg

2週間ほど前ピーコックの花壇に見たことのない水仙が咲いていた。花弁の中の色が黄色ではなく、サーモンピンクなのだ!バックの団地との取り合わせが面白いと思った。

続きを読む

教育改革通信

ブログってなんだろう?と思いながら昨年6月、fc2さんからレンタルした。使い勝手はとても良いし、当の本人は結構楽しんで更新してきた。コメントも少なく人気があるわけでもないのに、管理に結構時間も手間もかかる。

日記とは言え、完全にプライベートなことは書けないし、また、人を傷つけないよう、言葉も選ばなければならない。このまま続けて良いのだろうか?と試行錯誤しながら、まあ、なんとか今日まで続けてきた。

文章を書くのが好きでパソコンが好き、それに女子高生が読んでくれて、文章が面白いなどと、お世辞か?ゴマすりか?言ってくれるものだから、自己満足で続けてきた。それプラス写真を撮りだしたら面白くなって意欲が湧いたてきたというのが現状。

殆ど見てもらってないと思っていたら、先日、某大学の教授だった古いお知り合いから、音楽教育を通して、ブログにある[こままわし]や[政令指定都市]のようなものを[教育改革通信](その方が携わっている)
http://cert.kyokyo-u.ac.jp/science/tusin-menu.html
に投稿して欲しい。と依頼を受けた。

教育改革通信はいつもメールで送っていただくので、拝見していたが、大学の先生が多く、内容は論文的。私のブログはエッセイで、畑違いではないかと、「ブログから引用していただく方が・・・」と返事をしたら、「論文調になりすぎているので、もっとくだけた方向に戻したい」とのことだった。

日頃からレッスンは、音を楽しんで上達して欲しい、と願っているので、思うことはいろいろある。それならば、これからこのブログに、草稿のつもりで考えを書き込もうかと思った。後でそれを整理して原稿にすれば整理もできるし・・・。

というわけで、これからはちょっと堅苦しく、お仕着せがましい内容になるかも知れない。お許しを!そして辛口コメントもいただけるとありがたいのだが・・・。

RIMG1424.jpg

自宅のすぐ横に、山と言えるほどでない小高い丘がある。その山を眺めたら色が変わっていた。これを俳句では「山笑う」というのだと思った。「目覚ましの 変わらぬ響き 山笑う」と思わず口をついてでた。久しぶりなので駄作だが。

トップランナー

NHK教育テレビで「トップランナー」という番組がある。以前はときどき見ていたが、時間が変更されたのか、しばらく見ていないことに気づいた。

今日はチェロ奏者、趙静(チョウ・チン)さんの出演と予告され、これまで知らなかった演奏家なので、楽しみにしてチャンネルを合わせた。

流暢な日本語を話し、しかも際だった美人。対談後に演奏がはじまったが、そのテクニック、音色、音楽性すべてに優れていた。

5歳からチェロをはじめ、世界的チェロ奏者、堀氏に認められ、東京音楽大学付属高校に特別奨学生として留学。昨年行われたミュンヘン国際音楽コンクール・チェロ部門(滅多に一位がでないという難関とのこと)で見事優勝!さらに聴衆賞受賞という快挙を遂げた。

この日は、最近注目の若手ギタリスト大萩康司とのデュオもあり、知っていればビデオに録画したのにと悔やまれた。

話す内容は人間性に溢れ、「ドイツに留学したとき感じたのは、ヨーロッパの森を見て、ドボルザークの「森の静けさ」を弾くイマジネーションが身に付いた。音楽に大切なのは、イマジネーションです。」と言っていた。これから更なる活躍が期待される。聞いて楽しく、見て美しい放送だった。

「天は二物を当てえず」という格言の当てはまらない人がスポーツや芸術の世界でときどき出現する。そういう人を表す格言はあるのだろうか?「天は・・・」で調べたが見あたらなかった。

RIMG1402.jpg

土曜日レッスンにいく途中、国道176号線を走ったら、武庫川沿いに見事に桜が咲いていた。今年は例年より遅かったせいで最後の桜が楽しめた。雨で写真は期待出来なかったが、車をしばし止め、見納めにと車窓からパチリと一枚。

キメラの「ハナモモ」

自宅の前の幹線道路を隔てて、高層の市営住宅が建てられている。
先日その団地の中の道路沿いに桜と同時に咲いている不思議な花を見つけた。

一本の木から一色の花ではなく、白色、薄いピンク、濃いピンク、白にピンクの斑入りなどと入り交じって、桜でもなく桃のような、それでいて桜と同時に咲いている。

名前が判らないまま、新しくなった掲示板「おしゃべりサロン2」に画像をUPしたら、今日その名前が判明した。

「ハナモモ」というそうだ。正しくは、キメラ状態の源平桃らしい。

複数の種の細胞が混在する生物のことを「キメラ生物」と言い、この名前の由来はそこからきたようだ。

RIMG1314.jpg

RIMG1307.jpg

RIMG1312.jpg

このキメラ状態は「さつき」にも見られるらしいが、美しい。でもなんだか不思議な気分!

愛子さまの入園式

今日の大阪は朝から雨。桜は昨日から散り始めた。これで大阪での桜は終わってしまう。

そんな日の今日、学習院幼稚園入園式での皇太子さま、雅子さま、そして愛子さまの様子が報道された。

6日のブログで、近くの幼稚園入園式の模様を綴ったが、その時不思議だったのは、この若いお父さん達は、休日でもないのに今日のために休暇を取ったのだろうか?と。

最近はマスメディアの影響を強く受け、高貴な方々が当然として行われることを、一般庶民もそうするものだと思っているのかな?とニュースを見てその理由が判ったような気がした。

男女共同参画社会が徹底されてきたのだと喜んでいたが、以外と理由はこんなところにあったのかも知れないという気もしてきた。

どちらにしても両親が揃って入園式に出ることは、子供にとってとても幸せなことのようだ。今日の愛子さまを見て、そう感じた。

RIMG1171a.jpg

夕暮れどき電線に雀が止まっていた。写真の出来は今一だが、一族が仲良さそうにしているのは嬉しい風景だ。

桜は満開

東京より遅く咲いた大阪の桜、家の近くの桜は今日ほんとうに満開。
朝、洗濯物を干そうとベランダにでると、公園にある一本の桜が、見事に満開。咲き誇っていた!

本日は晴天なりとまではいかないが、お天気にも恵まれたことだし、明日からは多分散り始めるに違いないと思い、近くを散策することにした。

満開になると桜は本当に美しい!遠くまで出かけなくても結構楽しめることを大発見。桜の名所で満開のほんとうの美しさを知らないから言えるのかも知れないが・・・。

RIMG1325.jpg
小学校の周りに植えられている桜は満開。
RIMG1263.jpg
7日に撮影したもの。少し蕾が残っていた。

現代版入園式

桜はほぼ満開、天気もまあまあ、午後からのレッスンの前に桜を撮りたくて出かけた。

デジカメを使い始めてやがて2年になるが、ブログをはじめる去年の6月まで真剣に撮影をすることがなかった。だから桜を撮るのは今年がはじめて。

桜の撮影は難しいことがよく分かった。桜ばかり眺めながら歩いていると、近くの幼稚園の入園式が終わったらしく、桜の下で撮影している沢山の園児とその両親を見かけた。

誰もが希望に満ちた良い顔をしていた。ふと気づいたが、黒いスーツを着て、ベビーカーを押しながら幼稚園から帰ってくる、若いお父さんを何人も見た。

昔は小学校の入学式や幼稚園の入園式に夫婦連れで、しかも赤ちゃん同伴でお父さんがベビーカーを押して出席している姿など見たことがない。

今は男女共同参画社会になり、入園式の様子も変わったのだとはじめて知った。

お父さんが育児に参加することで、心の荒んだ子供たちがこれ以上増えず、少年少女の犯罪が少なくなってくれればいいのだが・・・。

RIMG1199.jpg

RIMG1235.jpg

桜の密を吸っている小さな蜂を見つけた。

歯の状態

久しぶりに天気に恵まれた。ベランダにでると真下の公園にある桜が一斉に開きはじめた。今年はなんと遅い開花だろう。

朝から頑張って洗濯をすませ、布団を干し予約していた歯医者に出かけた。先週歯石を取ってから今まで調子の良かった歯が、急に浮いてきた。
先生に聞くと刺激を与えることで眠っていた菌が動き出すことがあるとのこと。春先は悪くなることが多く、手入れを怠ると刺激を受けたとき、そうなることがありますと言われた。

な~んだ歯周病の心配はもうないと思ったのに、やはり年と共になるべくしてなるものなのだなぁと淋しかった。歯茎は元に戻ることはないのだと改めて知らされる。まだ、自分の歯がすべて健在なのを喜ばなければいけないようだ。

馬でも犬でも歯を見れば年齢が推測できるといわれる。馬や犬と同じとは思いたくないが、動物に変わりないし、年には勝てない・・・。

お彼岸に墓参が出来なかったので、桜は咲きはじめたし、桜の名所になっている墓地にでかけた。
満開ではないものの、きれいに咲いていたが、良い写真はあまり撮れなかった。
しかも、家に帰って布団を取り込むのをすっかり忘れてしまった。

気がついたときは、雨が降り出してしばらく経っていた。ああぁ~。
びしょ濡れだ!一瞬どうしようかと悩んだが、布団乾燥機を思い出し、目一杯時間をかけたら、ようやく乾いた。これで気持ちよく眠れる。

RIMG1165.jpg

墓参の帰り桜並木を写す。公園墓地は桜で取り囲まれていた。

政令指定都市

今日4月1日、我が町堺市は15番目の「政令指定都市」として誕生した。

堺市はとても古い歴史を持ち、世界最大級の墳墓、仁徳天皇陵、千利休、与謝野晶子の出身地としても有名で、江戸末期には南蛮渡来の町として知られ、盛んに貿易が行われたが、何故か全国的に知名度は低い。

母の女学校の友人で与謝野晶子の姪の一人がいた。女学生の時、その鳳さんと一緒に東京の与謝野晶子邸を訪ねたら、部屋に籠もりっきりで執筆をしていて、「いらっしゃい!ゆっくりして行きなさい。」とひとこと言ってもらっただけだったという。

昔母から聞いた話では、わが家は駿河屋(晶子の実家)でお菓子を購入していて、祖母が言うには、晶子は、「あき」ではなく「おしょう」と呼ばれていた。
髪は結い髪にせず、洗いっぱなしで、店番のときはいつも読書していて、「駿河屋のみだれ髪」と言われていた。「みだれ髪」はその頃のニックネームだったらしい。

母が女学生の時は、与謝野晶子は「君死にたまふことなかれ」以来、堺高女で国賊扱いされ、当時の校長先生は学校の恥だと涙を流して訴えられた。

末っ子の私が昔に聞いた話で、しかも記憶が正しいかどうかもわからないが、こんな歴史を思うと今の平和をとてもありがたいと思う。

歴史ある我が町堺、政令指定都市になり、ますます発展してくれることを祈ろう。



泉ヶ丘駅前に出来ている大型児童館「ビッグバーン」を望む。
カレンダー
03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
QRコード
QR
プロフィール

yok

最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索