FC2ブログ

ブログ移転のお知らせ。

ブログを移転しました。
新URLはこちらになります。

ギターと歩む Day by Day | エコー音楽教室
http://www.echo-music.net/blog/

一週間のお休み

今日パソコンを修理にだすことにした。
その前に、古いパソコンのウイルスバスター契約更新手続きしようとしたら、これまで振り込み用紙での支払だったので、再交付にかなりの日数を要することが判った。

やむなくネットでクレジットカード決済にしようとしたが、生憎私の契約しているクレジット会社は、トレンドマイクロ社との契約がないのか、使えないことが判った。

こうなれば、一週間じっと我慢の子でいるより仕方がない!幸いと言うべきか、不幸なことにというべきか、私のブログは殆どコメントの書き込みがないし、さほど人気があるわけでもないので、良く訪れてくださる方には申し訳ないが、お許し願うことにしよう。

RIMG0689.jpg

一週間先にここに戻ってきたときは、この紅葉はすっかり散り、師走真っ只中となるだろうな。
RIMG0736a.jpg

スポンサーサイト



パソコンの修理

週末から月初に掛けて、忙しい日がつづき、毎日バタバタして日記も更新できずにいたが、ふと気がつけば、普段使用しているノートパソコンの窓枠の端が破損していることに気づいた。

このまま使って良いものかどうかと気になり、購入したパソコン工房で見てもらった結果、やはり修理する方がよいだろうということになった。

滅多にこのようなことは起こらないらしい。何故こんな風に破損したのか、原因が分からない。何か挟まったのか、力が加わったのか?思い当たることがない。

修理に一週間要すると言われた。古いPCは一応使えるが、ウイルス対策の更新をしていないので、一週間のために更新手続きをするべきか、じっと我慢の子でいるか、今スゴく悩んでいる。

取りあえず、あす修理を依頼することにした。
気が向けば、古いパソコンのウイルス更新をするかも知れないし、今のところ未知数だ。もし、更新しなければ、掲示板のレス、ブログのコメント、など対応できないので、失礼してしまう!

私のように使用頻度の高い人は、二台のパソコンを普段から使用する習慣にしておく方が良いですよ、とパソコン熟知の従業員に言われた。全くその通りだと思う。いざというとき慌てなくて済む。

パソコンというのは、いつ何が起こるか判らない!突然調子が悪くなりひどく慌てる。何事もなければ非常に快適だが、一端、ことが起きると、どうしようもなくなる。気むずかしく、気まぐれな存在だ!パソコンは女性名詞か?男性名詞なのか?

ギターを学ぶにはスペイン語が必要かと、昔スペイン語を少しかじったことがあったので、調べてみた。中南米では女性名詞に扱われ、スペインでは、男性名詞として使われるそうだ。

RIMG0687.jpg


夏に発見した地道を行くとこんな景色になっていた。まさしく晩秋だ。

のこぎり音楽 サキタハヂメ

最近注目を浴びている音楽に Musical Sawがある。
のこぎり音楽協会関西支部長を務める、サキタハヂメさんは、はじめにきよしhttp://www.hajikiyo.com/の名前で知られているアコースティックデュオで、ギター、ウクレレ、そしてのこぎりを担当している。

このサキタハジメさんが、http://www.musicalsaw.net/ 私のHP、「ギターワンポイントレッスン」を見てレッスンに来てくれているが、ここ二年間で指を使う右手テクニックの上達はすばらしく、また、のこぎり音楽の分野でも、今年度のさくやこのはな賞を受賞するなど、めざましい飛躍を遂げている。

のこぎり音楽ではアメリカで開催される大会で、二度も優勝しているので、本来持っている才能が花開いたわけで、まさしく、古今和歌集のさくやこのはなである。

『まんが日本昔ばなし』がMBS・TBS系列で放映中で、その中の富士火災海上保険http://www.fujikasai.co.jp/
のCMを担当しているので、こちらではじめにきよしを聞くことができる。

更なる飛躍が期待できそうで、今後の活躍が楽しみだ!
RIMG0652.jpg

大蓮公園

勤労感謝の日。晴天に恵まれ、久しぶりに紅葉を見に何処かに出かけたいと考えたが、朝ゆっくりと寝坊してしまったので、外出は諦めた。

大蓮公園に行けば、少しは紅葉が見られるかも知れないと思い、夏に発見した地道を通って公園に出ることにした。

公園は沢山の家族連れが、思い思いの遊具を使って、秋の祝日を楽しんでいた。平和で幸せそうだ!紅葉も昔ほど鮮やかではないが、ほどほどに美しく、秋らしい景色を満喫できた。

RIMG0698.jpg

大蓮池があり、大蓮公園と名付けられているが、昔は多分蓮池だったのではないだろうか?自然が残され手入れも行き届いている。

RIMG0713.jpg

幸せそうな家族たち。小学生のこんな姿を見ていると、広島で可愛い女児が段ボールで発見されたなんて、どうしてそんな惨いことができるのだろうと思ってしまう。

RIMG0700.jpg

大蓮池の紅葉。

ふれあいまつり

昨日、今日と泉大津市北公民館で、「ふれあいまつり」が開催され、今日20日はステージ関連の催しがあり、わがギタークラブも例年どおりの参加となった。

プログラムは、内容を考慮して編成されるわけではないので、その年によって、どのクラブの後になるかが判らない。
今年はカラオケクラブの後になっていて、目一杯大きな音で何人かが歌った後、アルハンブラギタークラブの演奏になってしまった。

クラシックギターは、音量が小さくて迫力の点で難点のある楽器なので、ボリューム一杯の歌を聴いた後では、どんなに良い演奏であったとしても、貧弱になってしまう。

毎年ほとんど聞いてもらえないのは覚悟しているので、選曲もクラシックを弾くことは滅多にない。去年は「冬のソナタ」を弾いたので、少しは聞いてもらえたが・・・。

RIMG0664.jpg

秋深し

昨日から急に気温が下がり秋が深まった。教室に行くまでに銀杏が街路樹に植えられた美しい並木道があるが、自動車専用道路で、ゆっくり散策をして眺めることが出来ない。

紅葉を見に京都にでも行きたいが、20日の日曜は公民館のふれあい祭りがあり、ギタークラブも出演しなければならないし、次の27日は指導している学校のギタークラブが、入試説明会に来校する父兄に、演奏を披露することになっていて、特訓しなければならないなど、今月いっぱい日曜はどうやらゆっくりできそうもない。

久しぶりに好天に恵まれ、布団を干しながら、ベランダから見えるちいさな公園を見ると、夏にみた景色とまったく違っていた。「あぁ~やっぱり秋だ~」と思わずカメラに納めた。写真の出来は良くないが、夏に見た青葉とはこんなにも違うのだ!

RIMG0248.jpg

夏はこんなにも青々して、目に青葉・・・であった。

RIMG0651.jpg

今はすっかり紅に染まり、秋色だ。今年も残り少ない。

紀宮さまの結婚式

今日11月15日、紀宮さま結婚式のニュースが一斉に報じられた。美しい笑顔で、お二人ともお幸せそうで、心から祝福の拍手を送りたい。

高貴な方だろうと、有名人だろうと、無名の人だろうと、幸せそうな様子を見るのは本当に素晴らしい!周りのみんなが幸せな気分になれる。そして結婚式は女性を最高に美しくしてくれる。

結婚式で二人が美しく見えるのは、自分が幸せだと感じているからだけではないように思う。お互いに相手のために自分が役立つ人になりたい!なれる!と信じたとき人は美しく見えるのではないだろうか。

RIMG0592.jpg

犬蓼の花。俗に「赤まんま」と呼ばれ、昔ままごとで子供達が赤飯に見立てて楽しんだことからこの名前がつけられたようだ。

紫式部(11月12日の誕生花)

よく分からないが多分これが紫式部といわれる木の実だと思う。
と言うのも、この写真は駐車場の向かいに2軒あるお宅の1軒で撮影させてもらったが、奥様に「これって、紫式部ですよね?」って尋ねたところ、「いやぁ~、よく分かりません?」「うん?」と言った会話になり、確認することができなかったからだ。

紫式部は私の持っている本では11月12日の誕生花となっているので、もし違っていたら、来年本物を探すことにしよう!

明日は母の命日が近いので、本来なら三周忌の法事と言うところだが、実家のことなので私の勝手な采配で事を運ぶことができない。せめて墓参をしてささやかな祀りをしようと思う。

RIMG0558.jpg

美しいむらさきの実にかかる滴が涙とは思いたくないが・・・。

なんじゃもんじゃ

昨日のあけびのお礼を言おうと神社を尋ねたら、ちょうど宮司さんに出合い、「なんじゃもんじゃの木」について、詳しく知りたいと言う話になった。

早速ネットで調べてみた。一言で言うなら、今では全国にあり、その地方ではあまり見られない種類の、珍しい大木を指して言うようで、殆どの場合「ヒトツバタゴ」と言う木をそう呼んでいるようだ。

広辞苑では調査済みとのことだったが、自分でも検索したら次のように書かれていた。

『関東地方で、その地方には見られない種類の大木を指していう称。千葉県香取郡神崎(コウサキ)町神崎神社境内のもの(くすのき)、東京都明治神宮外苑のもの(ひとつばたご)が名高く、その他筑波山のもの(あぶらチャン)、山梨県鶯宿峠のもの(りょうめんひのき)などが知名。あんにゃもんにゃ。』

関東地方となっているが、関西でもみられるようで、(私の持っている広辞苑は少々古い版だから・・・)
http://osaka.yomiuri.co.jp/season/se50511a.htm

http://www.naka-net.city.nagoya.jp/nanjyamonjya.html
↑のサイトでの説明が分かりやすい。

またこちらでは、全国で見られる場所を紹介していた。http://www2.ocn.ne.jp/~bwd/hitotsubatago.htm

RIMG0622.jpg

なんじゃもんじゃは春に綿帽子をかぶったように白い花を咲かせるらしい。この花の名前は分からないが、今咲いている花で、手元にある白い花の写真はこれしかなかった。

あけび

RIMG0629.jpg


昨日、神社の宮司さんから「あけび」をいただいた。勿論栽培したもので、今では自生したものを見ることは難しいと思う。子供のころに食べたような気がするが、味の記憶はほとんどない。

自生のものはもっと赤味がかって鮮やかだと思う。つるの先にぶら下がって実るので、絵にするととても風情がある。

中身は白くヨーグルトのようだ。黒い種がいっぱい詰まっているので吐き出さなければならないが、味はほんのり甘く、クリーミーであっさりとして美味しかった。

小さな写真で見ると、さつまいもと間違いそうなので、拡大して見て欲しいが、器がモダンすぎたのと、バックの色彩が同系色なのが失敗だった!
 

オンシジウム(11月5日の誕生花)

RIMG0568.jpg


オンシジウムの鉢植えは、作品展などの贈り物として何度か届けたことがある。

このオンシジウムは駐車場向かいのお宅で美しく咲いていたのを撮影させてもらった。写真の出来としては今一つだが、今日の誕生花ということなので、不本意ながら掲載しておこう。

別名ダンシングバレリーナと言うそうだ。確かにダンスしているイメージだが、バレリーナと言うより蝶々を連想する。

花言葉は『いっしょに踊って』となっていた。

南瓜を上手に切る

毎年北海道に行く方から、今年も南瓜を丸ごといただいた。とても美味しくてうれしいのだが、切るのが大変で、去年は食堂に勤める人に頼んで切ってもらった。

ある人から、電子レンジを軽く掛けると切りやすくなると聞いたが、大きな南瓜がはいるレンジも少ないし、それに軽くとは言え、一端加熱してしまったら長くは保存できないし、何か良い方法はないものかと、かねがね思っていた。

毎年その調理人の方に頼む訳にもいかないので、今年はその人に方法を聞いてみた。そしたら、簡単に切る方法を教えてくれた。

はじめにヘタ(蔕)の部分に沿って果物ナイフのような細くて先の尖ったナイフで深く切り込みを入れ、スプーンなどでくり抜く。その上で、普通に包丁で切り目を入れると、さほど上等の包丁でなくても上手に切れた。

こんなに簡単に切れるのなら、悩むことはなかった。この話を隣人に話したら、「家も田舎から南瓜をもらうが、上手く切れないので、台所に転がっている」とのことだった。意外とこのような人が多いような気がする。

頂いた北海道産カボチャは勿論美味しかった!

RIMG0548.jpg

ゼラニウム。ヨーロッパでは窓辺を飾る花として欠かせないそうだ。

ハウザーのご機嫌

文化の日に相応しい一日にしたかったが、朝から曇り空ということもあり、あまり出かける気がしなかった。本来ならのんびり出来る筈なのだが・・・。

来週旅行で休むと言う人がいて、2週連続休みになるから何とか都合をつけてあげよう!とつい頑張ってしまう。一人でもレッスンをすると、もうそれは仕事をしたと頭と身体が思うのか、休みの気分はどこかに飛んでしまった。

かといって、シャンと緊張している訳でもなく、何となく一日が終わったなあというような、至って中途半端で勿体ない祝日を過ごすことになった。

9月のはじめに「愛器の調整」で書いたように「ハウザーちゃん」(最近そう呼んでいる)の調子が悪く楽器店で調整してもらっていたのがようやく戻ってきた。

すっかり機嫌が良くなっていた!でも、恐る恐る触っている。また機嫌が悪くなるのではないかと、少しトラウマ気味だ。「ちゃん」ではなく「くん」にしたら、良くなるだろうか?

RIMG0582.jpg

ショッピングセンター内にある花壇のコスモス。珍しく風に吹かれずに撮れた。ハウザーくんも揺れ動かないでくれることを祈って・・・。

レモンの効用

最近朝食はトーストとレモンティというパターンが多い。先日細木数子さんが美味しいレモンティの入れ方というので、輪切りのレモンを入れるのではなく、レモンを搾ってたっぷり入れていた。

真似てみたら本当に美味しかった。それ以来喫茶店で飲むような薄く切って入れるのでなく、レモンを搾って入れることにしている。搾りきったレモンは捨てていたが、ある時ふと勿体ないなぁ~と思った。

楽器を弾く者にとって手の衰え(技術的にも見た目にも)が最も気になるところで、技術は訓練である程度保持できても、見た目の美を保つのは難しい。加齢とともに先ずは手に衰えが現れる。

ある日、勿体ないと思ったレモンの搾りかすを手の甲に塗ってみた。はじめは少しべとべとしたが、すぐにサラットしてあとはつるつるになった。一月ほどになるが、何となく指輪がしたくなり、手が白くなったように感じる。もっと早くに気づけば良かった。

美しい手を守るために、これはお勧めだと思う。

RIMG0543.jpg

相棒のaikoさんの教室にあるプランターに、一輪のみ密かに咲いていた最後のガザニア。

小泉改造内閣発足

小泉改造内閣が発足し11月に入った。世の中どうなっていくのか心配の種が多い中、今日早速、東京証券取引所のシステムがダウンしたと報じられた。先行きが思いやられる。

さらに16歳の少女が、タリウムを少量ずつ実母に摂取させ、その容態の変化をブログに記録していたという。ブログがこんな風に使われるとは!

今年も残りわずか、せめて私のブログは美しい写真と楽しい話題をまとめたいと思う。

RIMG0565.jpg

RIMG0563.jpg

駐車場前のお宅で、鉢植えの苺が花を一輪伴って、小さな実をつけていた。ハウス物でない自然の苺は、多分5月か6月ごろに実ると思うのだが、秋のこの時期に、しかも鉢植えで・・・。植物はたくましい!与えられた条件で、良い種を残そうと葉っぱが枯れても精一杯努力している!
カレンダー
10 | 2005/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
QRコード
QR
プロフィール

yok

最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索