FC2ブログ

ブログ移転のお知らせ。

ブログを移転しました。
新URLはこちらになります。

ギターと歩む Day by Day | エコー音楽教室
http://www.echo-music.net/blog/

泉大津北公民館ふれあいまつりと大阪ダブル選挙

 毎年の行事として開催される泉大津市北公民館の「ふれあいまつり」は大きな話題を呼んだ、大阪ダブル選挙と今日重なってしまった。今年は北公民館創立30周年記念で、長年講師を務めたことで、私は光栄にも感謝状をいただけることになった。
 
 今日の本番は1時前の予定で、できれば先に選挙を済ませたかったが、日頃から意外なことに支度の鈍い私は、案の定出かける時間までに選挙会場に行くことができなかった。

 演奏の出来は特に悪くもなく、まあまあと言ったところだろうか?新しく増やした「テネシーワルツ」の出来が今ひとつで、練習不足が祟ったのかもしれない。ワルツは日本人には苦手なようで、3rdが受け持つリズムは練習のときに出来ていても、本番で3拍目の余裕がなくなり走ってしまう。

 それでも無事に終わり、帰宅後ホッとして、夕方買い物に出かけ、小学校の前を通ったら、「そうだ!今日は大事な選挙だったんだ!」と思い出した。急いで整理券を取りに家に戻り、会場に指定された小学校へ出かけたが、辺りはもう真っ暗だった。

 メガネ屋さんに寄り買い物をして帰宅。夕食の前にテレビをつけたら、もう当確が出ていて、大阪維新の会の圧勝に驚いた。市民も府民も改革を望んでいるらしい。落ち込んでいる大阪が元気になり、これがきっかけとなり日本中に活気がみなぎり発展してくれることを大いに期待したい。


RIMG21471h.jpg
 演奏風景の写真がなくて、控え室での合同写真だが、今回は少しぼかしておいた。縁談に推薦するような年頃の団員もいないことだし・・・。


スポンサーサイト



サクラ満開 「桜(お~)フェスタ」

 教室のある泉大津市では、毎年4月初旬、桜の季節に「桜(お~)フェスタ」と銘打って、市民会館と消防署前の桜並木のサクラを楽しむイベントが開かれる。

 当日は音楽、踊りなどのステージ、フリーマーケット、模擬店などが開かれ、桜に囲まれ楽しいひとときを過ごすことができる。

 毎年ステージは野外で、公民館ギタークラブとしては、繊細なクラシックギターでは野外に向かないのを理由に、参加要請を断ってきたが、今年は、『人間尊重と多文化共生、そして国際交流をすすめるイベント』という内容で、屋内のステージが追加され、新たな要請を受け、はじめてステージ演奏に参加することになった。

 毎年サクラがいつ満開になるのか、サクラに聞いてみないと判らない?サクラ自信もこの気象状況では判らない?(笑)と答えるだろうし、主催者としては気をもみっぱなしだったろうと想像するが、今年は運良く、イベントにピッタリのタイミングで、満開のサクラを楽しむことが出来た。

RIMG12650.jpg   RIMG12688.jpg
 当日私としたことが、カメラを忘れた!楽器、楽譜、譜面台、衣装、メガネさえ忘れなければ何とかなるという思いがいつもある。カメラはアクセサリーと同様、5番目ぐらいの重要度で今回はすっかり忘れてしまった!この写真はわが町泉北のもの。
 

クリスマスだけど・・・

 クリスマスイブだけど特別なことは何もない。年賀状は25日までに!とテレビで盛んに訴えているので、昨日今日と頑張って印刷に精を出した。

 プリンターは2000年にパソコンと同時に買ったものだが、8年も経つとかなりのご老体で、たまに機嫌が悪くなり、ハガキが重なって出てきたり、郵便番号がずれたりと何枚か失敗してしまった。老化してるのはプリンターばかりじゃないけれど。

 昔は友人がクリスマスにあぶれた人たちが集まる「あぶれ会」という、ホームパーティーをしてくれていて、毎年出かけていった。私は「あぶれ会」と言わず「あふれ会」と濁点を取ろうよ!と言っていたのだが・・・。

 その頃集まった年輩の男性は何人かが別世界に召されてしまったし、今はプレゼントすることも、もらうこともなくなってしまった。どのみち仏教徒だから、まあいいんだけど!

RIMG12255.jpg 
 最寄り駅「泉ヶ丘」駅前のイルミネーション。規模は小さいが、毎年噴水の周りを飾って雰囲気を作ってくれている。


雛祭り

 3月3日は雛祭り。女の子がいないせいもあるが、最近はだんだんお祝いをしなくなった。5月の節句に飾る甲は、子供の健康祈願と厄除けのため、毎年飾っているのだが・・・。

 おひな様は年に一度は出さないと泣くと言われるから、いたって簡単なおひな様だが、出してあげれば良かったと後悔している。

 母が存命中は、ささやかなお飾りをしていた。私と違って母は人形の好きな人だったから。母に言わせると、私は人形より鉄砲もって遊ぶ子だったらしい。自慢できる話じゃないが、兄ばかりの中で育つとどうやらそうなるようだ(笑)

 この年になると益々イソフラボン不足でお人形には目を向けなくなった。イソフラボンとは関係ないか!

RIMG3086.jpg
 昨年3月4に一度UPずみだが、とても可愛いのでもう一度UPしたくなった。少しはイソフラボンが残っていたか?作者の名前は忘れたが、大阪狭山市で開催された市民による作陶店での作品。このおひな様は今年、日の目を見ただろうか?

初詣 高倉寺宝積院

 お正月は人並みに、初詣に行くことにしている。家族が全員揃っていたときは、近くの大きい神社へ車で出かけていた。家族がだんだん少なくなり、今では歩いていける近くのお寺ですませている。

 高倉寺宝積院(たかくらじほうしゃくいん)は、ひっそりとして煌びやかさは全くないが、沿革を調べてみたら、古い歴史の由緒ある寺院であることが判った。

◆705年に行基が開基、自作の薬師尊像を安置。
◆810年には弘法大師が大日如来を刻み安置。
◆高倉天皇が御幸し深く感銘、「高倉寺」の寺号を下す。
◆応仁の乱と信長の焼き討ちで消失。
◆岸和田藩主四男、小出三伊(みつまさ)により慶長末年(江戸前期)再建され現在に至る。

何気なくいつも母と参っていた。母は私や息子(孫)が外国旅行の時とか、また孫の受験など、いつも祈願してくれていた。


RIMG3064.jpg
高倉寺の正面参道。

RIMG11106.jpg
境内にある、これまた古くて由緒ある釣り鐘を、近所の子供らしき二人がつこうとしていた。珍しくこの子たちが私に話しかけてきた。その男の子二人(兄弟だった)と裏にある大樹に出来た、猿の腰掛けのようなキノコを見ながら、いろいろ話をした。何処の子供か判らないが、知らない大人とはしゃべらなくなっている昨今、何だかホッとさせられる初詣であった。



今年最後の1日

 今年最後の1日。昔、市場の魚屋さんに行くと「今年最後のお一日(おついたち)だから、奥さん鯛にしませんか?」と言われたような気がする。

 今は市場もないし、魚屋さんもない。ニュータウンに暮らしてからはずっとスーパーで処理された魚を買うことが多い。、魚屋さんなんて山間の地方に行かなければ見られないかも知れない。いや、山間部の地方では、車社会になっていて、近隣のスーパーで購入した生鮮食料品を、家の冷蔵庫で冷凍保存しているような気がする。しかも、鯛など養殖で年中食することが出来る。

 現代の幼稚園や保育所で、童謡の「かわいい魚屋さん♪」なんて教えても全くピントこないだろうし、若いお母さんがイワシの腹を開き、内臓処理して煮付けるなんてことはしないだろうな~。

 偉そうなことを言う私も、最近は自分一人のためにわざわざイワシを買ってきて、煮付けることなどしなくなった。昨日高島屋地下のお惣菜屋やさんで、上手に煮付けられたイワシを買って帰った。熟年主婦?が余計なことを言うと、姑扱いされてやぶ蛇になるかも?止めておこ~っと。

RIMG10797.jpg


公民館の「ふれあいまつり」

 今週はH学園ギタークラブの本番があり、週末は公民館の本番と多忙だった。指の怪我で弾けるか心配した公民館本番も無事終了。演奏の出来もまあまあだった。指は幸いなことに今回も小指側で、弦に直接当たるところではなかったので、全く自由に使えるわけではないが、何とか弾くことが出来た。

 この4日間、抗生物質、痛み止め、胃薬と3種類の薬を忘れず飲んだし、「押さえないこと」「濡らさないこと」の注意もきっちり守った。演奏が終わり帰宅後、高島屋、珈夢亭のコーヒーが飲みたくなり、ウオーキングをかねて出かけた。

 先にトイレに入り、手を洗おうと水道に手を差し出してしまった。最近の水道はセンサーが働き、手を出しただけで水が出るようになっている。手を洗うときずっと気をつけてきたのに、やはり演奏が終わると気がゆるんだのか、うっかり水をかけてしまった。

 明日また病院に行くが、濡れたままの状態では良くないので仕方なく、珈夢亭の店長さんに「傷テープはありませんか?」と尋ねたが、どうやらないらしく、隣にいた方が「あ!多分持ってると思います!」と譲ってくださった。

 傷はかなり小さくなっていた。私の自然治癒力もまんざらではない!と変な自信を持ったが、それより何より怪我をしない注意が肝心なのに!当分の間オニオンサラダは作れない気がする。指が刃先に当たった瞬間の、あの触感が思い出されて・・・。

RIMG10779a.jpg


御輿

 秋は祭りのラッシュ。泉大津は今日、明日と、祭りで道路は規制され、公民館クラブもお休みになった。

 個人的には、三田のレッスンはいつも通りなので、午後から出かけたが、三田もお祭りだった。4時すぎ、楽器店の前を、勢揃いした御輿のすべてが巡行してきた。

 最近特に岸和田市の「だんじり祭り」が取り沙汰されるが、山車(だし)のことを関西では「だんじり」と呼んでいるようで、地方によって様々な呼び方があるらしい。

 堺の御輿は「ふとん太鼓」と呼ばれ地車の上に真っ赤なふとんが積み上げられている。三田の御輿を見ていたら、古い 山車 ふとん太鼓 が10台以上入り交じり練り歩いていた。

 岸和田市と堺市はかなり隣接しているのに、御輿の形式が全く違う。それなのに兵庫県の三田市がこの両方の形式を継承している。不思議な光景で歴史的調査をしたら面白い発見があるかも知れない。




8月1日 PL花火芸術

 花火大会としては日本一と言われているPL教団の花火芸術が毎年8月1日に催される。音は少し遅れて聞こえるが、最近我が家の窓からかなり大きく見ることができる。

 今日は7時半までレッスンし、家に帰ると8時を過ぎていた。途中の道路が混むのではないかと心配だったので、100円の高速道路を利用したが心配するほどのことはなかった。高速を走るのは時間にすればたった5分ほどで花火が真正面に見える。

 例年どおりパトロール車が停車しないように規制していたが、出口付近でパトロールの目を盗んだ何台かの車が幅寄せして止まっていてとても危険だった。

 毎年12万発と聞いているが、今年は54回目で10万発だったとニュースで報道された。

RIMG10303.jpg

RIMG10329.jpg
仕掛け花火をしている間は全く見えないが、こんなに明るくなる。二つの高層の間からちょうど見ることができてとってもラッキー!写真の出来は今一つだが・・・。

日本いけばな芸術展

 カレンダー通りなら2日、3日は仕事になるはずだが、休む予定だった。ところがパソコンのせいで、一週間たっぷり休めると思った連休は、まったく当てが外れてしまった。

 今月は13日(日)に公民館のギタークラブの本番があり、今年は団員にハプニング(家族の逝去や病気など)が続出、練習不足になり、焦った団員が特訓しようと言い出した。私の空きに合わせてくれたので、2日の半日がつぶれ、3日は学校のクラブで、これまたカレンダーどおり仕事になってしまった。結局ゆっくり出来ないまま終わりそうだ。

 それでも3日の「ダリ展」とその前に4月29日、高島屋で開催された「日本生花芸術展」に出かけることができた。こちらの方は相棒の愛子さんが誘ってくれ、パソコンが入院中だったこともあり、出かけてみた。

 会場の高島屋は、もうそれはそれはスゴい人出、身動きならない状態だった。その美しい花々を掲載したかったが、パソコンが、ネットの接続などスムーズにいったのに反し、その後のソフトのインストールとディスプレイなどのカスタマイズに手間取り、掲載することが出来ずにいた。

RIMG0035.jpg
写真を撮りたくても人の頭ばかり写って、全く思うように撮れなかった。これは辛うじて成功。疲れたが現代の日本の生花(全流儀)を見ることが出来、楽しいひとときを過ごすことが出来た。
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
QRコード
QR
プロフィール

yok

最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索