FC2ブログ

ブログ移転のお知らせ。

ブログを移転しました。
新URLはこちらになります。

ギターと歩む Day by Day | エコー音楽教室
http://www.echo-music.net/blog/

大阪市立近代美術館(仮称)

 大阪市立美術館は天王寺にあるが、最近展覧会の情報で「大阪市立近代美術館(仮称)」で『佐伯祐三とパリ~ポスターのある街角~』開催と報道されているのをみつけた。

 「大阪市立近代美術館」って前からあったかしら?と調べてみたら、以前から計画されていたが、7年間計画が凍結され、平成28年完成を目指し内容を縮小した計画案が決まり動き出したとのこと。

 心斎橋にあった「旧出光美術館」を「大阪市立近代美術館(仮称)準備室」として、このイベント「佐伯祐三とパリ~ポスターのある街角~」が4月28日(土)~7月16日(日・祝)開催されている。旧出光美術館は昔何度か訪れたが、閉鎖されたと聞いていた。たまたま心斎橋に用事があり、久しぶりに訪ねてみたが、佐伯祐三の絵はやはり素晴らしかった。

 美術館の建設には膨大な費用がかかるが、大阪市に寄贈された佐伯祐三の作品や、その他膨大なコレクションが、展示できないまま埋もれているのも、これまた勿体ない。橋下市長と準備室の方々、どう折り合をつけるのだろう?美術愛好家としてはちょっと気になる問題ではある。

473px-YubinHaitatsuFu.jpg
大阪市立近代美術館準備室コレクションの中で人気の高い作品「郵便配達夫」

You Tubeで 「佐伯祐三&ショパン幻想即興曲」 のサイトを見つけた。佐伯祐三ファンには必見と思う。


スポンサーサイト



京都鴨川のトビ

 大型連休後半、特に予定もなく、冬物衣類の片付けを予定していたが、天気が今ひとつで、はかどらなかった。夕方テレビ朝日のニュース番組を見ていたら、最近鴨川でお弁当を食べている人を襲うトビが増え、大変危険だと言う。

 スタッフの一人がお弁当を広げ、どうなるかを実験したところ、間もなくトビの集団が上空を飛び周り、アッと言う間にカラアゲをさらって行った。その間1秒ほど。

 その瞬間を静止画像で見ると、丸く尖った足の爪で摘みこんでいた。その人の場合怪我はなかったが、怪我人が出ることも度々らしい。周りの人の証言を聞くと、ハンバーグのソーセージだけをさらっていったり、はじめは何が起こったのか判らないぐらいの早業だそうだ。格言の「鳶に油揚さらわれる」は、昔のご馳走の話で、今は肉も魚もご馳走は溢れている。

 何故このようなことが起きるのか?と野鳥の会の人に聞くと、「人間がそうさせるのです!」「人間が餌付けをするから、人から食べ物を取ること覚えたのです!」

 誰が餌付けをしているのかを見てみると、大きな袋にパンの耳などを入れた老女が鳩に餌を与えていた。それをトビとカラスが横取りしていた。その老女が言うには、「誰とも話さないと淋しいでしょ?でも鳩は喜んで私の周りに寄ってくるのよ!喜ばせているんだからいいでしょ!私だけじゃなく他にもいっぱいいますよ!」

 男性の一人はトビに向かって食べ物を放り投げ、空中で上手にキャッチするのを楽しんでいた。まるでゲームを楽しむかのように。キャスターは「人がトビをそうさせたのです!禁止する条令もなく、マナーとモラルの問題なのでよく考えて欲しい」ここでもマナーの問題が取りあげられた。

RIMG21686.jpg


2012年 選抜高校野球大会 選手宣誓と国歌独唱

 昨日開催された、第84回選抜高校野球大会での選手宣誓は、石巻工の阿部翔人主将。

「日本中に届けます。感動、勇気、そして笑顔。見せましょう!日本の底力、絆を。我々高校球児ができること、それは全力で戦い抜き、最後まであきらめないことです」

 大きな災害に遭遇した高校球児のこの言葉は、国内すべての人の感動を呼び、どのメディアも大きな拍手を送った。この宣誓に胸打たれた一人だが、その後私は更なる感動を覚えた。

 一人の女子高生が現われ無伴奏の「君が代」を独唱。その澄み切ったソプラノの美しい歌声は大空に響き、はじめて聴く無伴奏ソプラノの「君が代」に「何と美しいメロディだろう!」と胸が震えた。

 その時のアナウンスで、音大付属の女子高生と聞いた記憶は残ったが、名前まで覚えていなくて、ネットのニュースで調べても、なかなか見つからず、googleの「選抜高校野球 君が代独唱」で検索したらようやく見つかった。

 高野百合絵さん(東京音大付高)。昨年12月の全日本学生音楽コンクール全国大会声楽部門高校の部で1位に輝いた人と判った。調べてみたら最近は、毎年このコンクールでの優勝者が、開催日に君が代を独唱しているようだ。高野百合絵さんの動画は見当たらなかったが、昨年および一昨年の映像はUPされていて、みなさん素晴らしい!

 命をかけても起立、斉唱しないと言い切るどこかの教師に、この歌声聴いてもらいたい!


RIMG21579.jpg





東北地方太平洋沖地震

 今回の地震で被害にあわれた皆様に、心からお見舞い申し上げます。 

 地震が発生した11日は教室にいて、夕方まで発生したことを知らなかった。レッスンに来た大学生から聞き、帰宅後ニュースを見て驚いた。

 日増しに被害が拡大していくニュースに胸が痛む。阪神淡路大震災を思い出したが、あの時は津波の被害がなかった。今回の災害に、関西在住の私には何が出来るのだろう?今はただ原発事故など、これ以上被害が広がらないことを、祈るしか出来ない。

 自然に対して人間はいかに無力かを、あらためて思い知らされた気がする。災害から無事免れた方々の健康と、一日も早い復興を願ってやまない。


RIMG13213.jpg


「はやぶさ」の一生

 2003年に打ち上げた工学実験探査機「はやぶさ」が60億㎞、7年の旅を終え、本体(親)は使命を果たし、分離したカプセル(子供)に情報をもたらし、2010年6月13日地球に帰還した。

 まさに満身創痍とはこのことだろうか?何度も遭遇した危機を乗り越え、奇跡的に帰還できたのは、研究スタッフの諦めない粘りと卓越した技術によるもので、関わってはいないが、日本人の一人として誇らしく、心からの賞賛を送りたい。

 宇宙や科学に無知な私は詳細を知らなかったが、今日のニュースで知った。これまでに大きな危機が三度あったそうで、第1は小惑星イトカワ着陸に成功し、大歓声にわくさなか、離陸直後に起きた。姿勢制御用エンジンの燃料漏れが原因で、正常に姿勢が保てなくなり通信が不能、挙げ句の果てに「はやぶさ」は行方不明となる。

 7週間彷徨ったが、奇跡的に微弱な交信が再開。しかし再度の燃料漏れにより、今度は科学エンジン12基のすべてが故障。帰還軌道から外れ、戻れないまま3年もの歳月が流れ遅れが生じる。

 2009年11月、4基中3基目のイオンエンジンが故障。3度の危機に帰還は絶望視されたが、故障箇所の違う2基をつなぎ合わせ、1基にするというアイディアで危機は脱却できたようだ。

 イオンエンジンは航行に不可欠で、過去にもトラブルはあったが、「はやぶさ」に使ったイオンエンジンは日本が独自に開発した技術(NEC)によるもので、7年間で延べ4万時間も稼働したそうだ。

 このようにして帰還した「はやぶさ」のニュースに、多くの人が感動を覚えたと思うが、科学に疎い私にとっての一番の感動は、ニュースで見たあの燃え尽きる瞬間の炎、満身創痍で役目を果たし、あたかも満足感に満ちて消えていくようなあの炎だ。人もこのように燃え尽きることが出来たら、どんなに素晴らしいだろう!はかなくもたくましく、そして美しく生きられたら・・・と思う。

RIMG13213.jpg


第22回サラリーマン川柳

 今年もサラリーマン川柳の入賞作品が発表された。川柳は自分では作らないが、作品を読むと思わず笑ってしまう。

 第一位になったのは、「しゅうち心 なくした妻は ポーニョポニョ」 奥さんのことを読んでいるが、今年話題になった、宮崎アニメの「崖の上のポニョ」にかけていて、可愛らしい表現に棘がなく心憎い。

 第二位は、「久しぶり ハローワークで 同窓会」 世相が反映され少々胸が痛い。
 第三位は、「ぼくの妻 国産なのに 毒がある」 少し棘があるが、奥さんの言葉に刺があるのだろうな~と想像してしまう。さもありなん!とわらってしまった。

 今年はその他に山田太郎賞というのがあり、その第一位が「我が社一 ナイスガイだが イスガナイ」 「色男 金と力はなかりけり」の現代版かな?

RIMG12697.jpg

アカデミー賞

 第81回アカデミー賞が発表され、日本の「おくりびと」と「つみきのいえ」が受賞したと報道された。「おくりびと」は日本アカデミー賞でも、作品、監督、主演男優など10部門で最高賞に輝いた。

 作品はまだ鑑賞していないが、私が感動したのは、主演の本木雅弘さんのこの作品に対する拘りだ。例えば原作を読んでから、映画にしたいと10年以上暖め原作者を説得。

 チェロの演奏場面では、音と演奏の指がきっちり合うように、プロのチェリストのレッスンを受け、納得いくまで何度も何度も指導を仰いだとか、納棺師の極意を知るため、実際の納棺師の助手として実地勉強したなどなど、拘り尽くしている。

 実は私も結構こだわるタイプで、レッスンも編曲も演奏も納得いくまでこだわってしまう。レッスンでこだわりすぎて、特に男性のギター愛好者に嫌われることがしばしばで気にしていたが、良い作品を作るにはやはり拘るべきだとすこし気を良くした。

 世界で注目を浴びる賞をもらった人と同格にはならないが、これからも私なりの拘りは続くと思う。

RIMG12204.jpg
 昨年秋、リーガロイヤル堺店で食べたマロンケーキ。とても美味しかった!これもこだわりのケーキかな。美しいお花を載せたかったがこだわりの花が見あたらない。花より男子ではなく、花より団子ということで!

ネットで墓参?

 お盆が近づき、いつものように兄が早い目の墓参に誘ってくれ、兄夫婦と姪夫婦と5人で出かけた。堺市の公園墓地、鉢ヶ峰はチラホラ人影を見かけたが、まだまだまばらで、混雑を避けて正解だった。

 先日テレビで、インターネットで墓参が出来るという番組を見た。どういうことだろう?とみていたら、そのサイトに登録すると、ドラッグ、ドロップで、登録したお墓に水掛、献花、線香を供えるまで、すべてが出来て、離れた地域にいる人たちに喜ばれるというのだ。

 人は何のために墓参をするのか?考えさせられてしまった。形だけの墓参に何の意味があるのだろう?!!!でも、そんな墓参りをする人から見れば、混雑を避け日程をずらして墓参する、それと変わりはないではないか!と言われるかも知れないが、基本的な心意気が違うんだけどなぁ~!

RIMG11797sign.jpg
 先日訪れた唐招提寺で咲いていた鉢植えの蓮。


クエは食えない

 最近、食品偽装問題がいろいろと取り沙汰される中で、世間を騒がせていた高級料亭「船場吉兆」が、とうとう閉店となった。「のれん」を守るために大切なもの、「信頼」を無くしてしまったのだから、仕方がないのかもしれないが、人は利益を追求するあまり、倫理観をなくしてしまうのだろうか。

 クエの偽装問題がテレビで報道されていた。昨年末、白浜に行ったとき、クエが食べられると楽しみにしていた。観光案内してくれたタクシーの運転手も、多分旅館で食べられるでしょう!と言ってくれた。ところが、ところが・・・クエは食えなかった(笑)。もし食べていたら、ひょっとしたら偽物だったのかも知れない。

 「クエ」の本場、和歌山ではまさかとは思うが、キロ千円ほどで売られるはずの、ギンダラ科の「アブラボウズ」を「クエ」と偽り、1万円ほどで販売したとして、岸和田の水産会社「矢崎」に対してJAS法違反で指導、と報じられたが、この偽装は指導だけで罰則はないのだろうか?儲け得ってことになってしまう!

 最近の日本人は日本魂を忘れ、倫理観を無くした人たちが多すぎる。

RIMG11584.jpg
いつもの遊歩道を歩くと、タンポポの胞子が、まるで雪のようにフワフワと飛んでいた。昨日別の道を歩いたら、ひときわ美しい胞子が目にとまり、思わずシャッターを切った。


ザ・シークレット【Law of Attraction 引き寄せの法則】

 土曜のレッスンの帰りはいつも車でラジオを聞いている。NHKのラジオで話題の図書「ザ・シークレット(引き寄せの法則)」の話をしていた。

 アメリカの、ロンダ・バーン著、全世界860万部突破のベストセラーで、殆ど売り切れ状態らしい。DVDも発売され、他にも「引き寄せの法則」のタイトルで、いろいろな本が便乗して売れているらしい。

 まだ読んでいないので、多くは語れないが、人間の思考はその内容の善し悪しに拘わらず、引き寄せの法則によって実現する。不幸な発想をすると、そのとおりになり、ポジティブに考えない限り、成功も幸せも手に入らない。それが引き寄せの法則ということらしい。

 私はいつもプラス思考をしようと考えてきたので、ちょっと読んでみたいと思うが、少しオカルト的な気がしなくもない。妖しい団体に悪用されて欲しくないとも思う。と言うとそのこと自体が取り越し苦労でマイナス思考だ!どこがいつもプラス思考だ!とつっこまれそう。この際関西人らしくボケ役を演じようか。

RIMG2847.jpg
2月に入って今日はもう節分。最近私はほとんど豆まきをしてないが、小さい子供のいる家庭では、古来からの、このような行事は大切にしてほしいと思う。でも、いつ頃からか、関西では巻きずしを切らずに丸かじりする風習がでてきた。古来からのものではないと思う。寿司屋さんか、海苔やさんの作戦か?全国に広がりつつあるようだ。この写真は去年あるお店に貼られていたもので、恵方は北北西になっている。今年の恵方は南南東だそうだ。


カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
QRコード
QR
プロフィール

yok

最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索