FC2ブログ

ブログ移転のお知らせ。

ブログを移転しました。
新URLはこちらになります。

ギターと歩む Day by Day | エコー音楽教室
http://www.echo-music.net/blog/

天王寺公園「慶沢園」

 第45回日展が天王寺公園内の大坂市立美術館で開催されていて、ボランティア演奏相棒だった愛子さんから誘いの電話があった。ニュースを賑わせている300メートルの超高層ビル「あべのハルカス」は7日に全面開業とのことで、まだ15階までしか行けないが、とにかく途中まででもついでに見ておこうと喜んで出かけた。

 日展鑑賞後は美術館横の「慶沢園(けいたくえん) 」を散策。この庭園は「林泉回遊式庭園」と呼び、三つの島が浮かぶ池があり、周囲の林間を回遊し鑑賞することができる。全国から名石、名木を集め、明治41年から10年を費やし完成させたが、大正10年(1921)住友家から隣接する茶臼山とともに大阪市に寄贈された。繁華街の中にあって美しい公園と美術館、そしてすばらしい庭園は人々の心を癒やしてくれる。

 林間を散策していたら「ハルカス」が木々の間から見えた。憩いの時空を終えビルの中に入ったら、エレベーターで並び、昼食でまた並び、ファッションやアクセサリー店を見て歩き、目も足も疲れた。美しいものを見た後はついつい衝動買いをしたくなる。ヤレヤレ幾つになっても女心は収まらず、若さを保つ秘訣と自己弁護!して楽しい一日は終わった。

慶沢園からのハルカス
  
スポンサーサイト



干し柿

 毎年干し柿を作ってくれる友人がいる。和歌山在住の友人が季節が来ると彼女にみかんと柿を送ってくれるそうで、渋柿は干し柿にしてくれていた。

 今年は時間が取れたので作り方を教わった。一生懸命皮をむき紐にかけたら、小ぶりな柿なので1本の紐に15個ほど吊せた。それをベランダに吊したが、食べられるようになるまで2週間ほどかかるらしい。

 鳥に先取りされないよに気をつけなくちゃ!

RIMG22579.jpg


フランスのタピスリー「貴婦人と一角獣」

 フランスの至宝といわれる500年前のタピスリー「貴婦人と一角獣」が東京の展示を終え、現在大阪中之島にある「国立国際美術館」で10月20日まで展示されている。ずっと行きたいと思っていたが、ようやく今日時間がとれたので出かけた。

 「タペストリー」でなく何故「タピスリー」なのだろう?と調べたら、英語読みとフランス語読みの違いだった。フランス国立クリュニー中世美術館所蔵でこれまで国外に貸し出したのはアメリカのメトロポリタン美術館のみで、今回日本に貸し出したのが二度目とか。

 6枚の中で「吾が唯一の望み」と言われるのが377×473cmと最も大きく、残り「触覚」「味覚」「臭覚」「聴覚」「視覚」と人間の五感を表わすタイトルがつけられ、いずれも変わらず大きい。「吾が唯一の望み」だけが何を意味するのか「第六感」という説もあり今なお謎とされている。

 勿論修復されていると思うが、見事に美しい!織物とは思えない繊細な表現は絵画に勝るとも劣らないすばらしい作品だった。19世紀の作家ジョルジュ・サンドやあの「カルメン」を書いた作家プロスペル・メリメが、保存することを強く言及し国家で保存することになったと解説書に書かれていた。

 これは帰宅してから知ったのだが、動画「ガンダムユニコーン」にこのタピスリーの絵が使われてるとか。タピスリーの持ち主だったと推測される「ル・ヴィスト」家は、ガンダムでは「ビスト家」としてその名前が使われているそうだ。会場は女性が多かったがガンダムファンは必見かな?

131008s_ディスプレー   131008_160700出口 
 地下1階のロビーにある写真撮影用ディスプレイ。バックにある模写の前に貴婦人を除くユニコーンと獅子その他動物の模型が置いてあり、二重になっている。
 美術館出口のドアーはタピスリーの一部が描かれていた。こんなことは滅多にない!と出入り口に立っていた警備員が説明してくれた。そして曰く、写真はなかなか上手く撮れないみたいですよ!なるほと、やっぱりね!


スマホ顧客争奪戦

 テレビ広告で毎日のように「のり換え」「乗り換え」と携帯各社の顧客争奪が激化している。ネットのアクセスにスマホはやはり便利かな?と心が動いて、情報を見ているうちに、日本の電化製品は世界のトップクラスと信じていたのに、それはいつの間にか過去の遺物になりつつあり、中でも通信事業は全く遅れを取っているということを知った。

 スマホについては、ドコモが力を入れているツートップの一つは、Galaxyで韓国のサムスン、辛うじてソニーが残りの一社で、パナソニックとNECは携帯事業から撤退した。

 前回話した携帯メールをはじめに送ってくれた生徒は通信関係に詳しく、スマホ選択を相談したところ、先ずOSの能力を考えるべきで、iOS、Android WindowsPhone blackBerry のうち一般的にはiOS かAndroid だが、現段階ではAndroidはiPhoneに追いついていないと言う。

 ソフトバンク顧客としては、iPhoneということになり、料金的にも安価で良いと思うが、でも・・・。何故「でも・・・」なのか!それが私個人の独断と偏見と言われるであろう理由になる。

 パソコンにiTunesをインストールすると、QuickTimeがセットでダウンロードされる。ところがその時ブログにUpしたSinger Song Writerで作成のmidiが、WindowsのメディアプレイヤーからQuickTimeに乗っ取られ、どんなに設定を変えても戻らなかった。

 その対処はQuickTimeをアンインストールし、新たに LiteかAlternativeに変更すると良いと教わり、はじめにLiteをダウンロードしたが、不具合が起こりAlternativeにしてようやく解消、その間何日も悩まされつづけた。

 最近一週間もの間、不愉快な「アドウエア」が現れたが、多分その時ダウンロードした英語のフリーソフトに付随してきたものと思われる。Apple社のせいではないかも知れないが、林檎の呪縛から逃れられなかったトラウマが未だに残っている。

 経営者が何度も変わったとは言え、20年近く使い続けた顧客に、思いやりのないこの世界の理念に落胆し、顧客争奪戦に巻き込まれそうで、しばらくは「ガラケー」で行こうと思う。日本的発想の「伝統のある老舗」や「顧客が大切」などという理念はこの業界では通用しないようだ。少しでも安い所に乗り換えるのが幸せを生み、生き残るすべ!などと思いたくはないと言うと「年寄りの独善」と陰口をたたかれそうだが・・・。

130622_142219.jpg
 8月末、パナソニックはスマホ事業からは撤退し、従来の携帯事業は続けると発表された。ドコモのツートップから外された影響は大きいようだ。

ガラケー

 携帯電話はいつから使ったのか思い出せない。最初は10万円以上もして身分不相応だったのが、2万円で購入できると勧められ、購入したのが最初だった。今から17年~8年前か20年前か?「関西デシタル」の製品だった。

 現在「関西デジタル」と言っても周りの誰も知らない。その後「jーPhone」そして「Vodafone」から現在の「SoftBank」になり、何台買い換えたか覚えがない。「jーPhone」が日本ではじめてメール操作が出来るようになった時、携帯を使っていた生徒が、機種交換した私の携帯に入ったメールお知らせアイコンを見て、「えっ!携帯でメール出来るの?」と自宅に帰ってパソコンからメールを送ってきた。その生徒は翌週には機種変更し、はじめは戸惑ったがお陰でメール交換が出来るようになった。

 最近のスマホ普及はめざましく、昔ながらの携帯を「ガラケー」と言うらしい。「ガラケー」って何だろうと調べたら、「ガラパゴス携帯」と言う意味で、独自の生態系をもつガラパゴス諸島からの由来で、日本の携帯は国内のニーズにあわせ、オサイフケータイ、ワンセグなど独自の進化をとげたため、世界的に見てガラパゴス諸島的携帯電話機という意味でつけられたそうだ。

 この8月で現在使用の携帯器支払期限が終わるので、この際スマホにしようか?と考えいろいろ調べたが、今のところ「ガラケー」で行こうと思う。詳細に調査するのが好きな私が、その結論に至った理由は次回に。

フェニックス
 我が家の窓から見える広い道路は、中央分離帯にフェニックスが植えられていて、今年も花が咲いた。最初は小さかったが、ぐんぐん伸びて今や青空を突き抜けそうなほど大きくなった!この日は曇り空だったが・・・。

合格祈願に「たこ焼き」

 関西地区、私立高校入試が2月9日、一斉に実施される。周りに何人か受験生がいて気になるところだが、受験生のお兄ちゃんがいる中学生T君がレッスンに来て、面白い情報を教えてくれた。

 合格祈願に「たこ焼き」を食べるといい!と言う。「どうして?」と聞くと蛸は英語で「Octopus」で「置くとパス」だからだそうな!

 なるほど!昔は「カツ丼」だったけど・・・。たこ焼きは大阪が本場だけど、大阪だけに限ったことではなく、静岡では「ひっぱりだこ」というたこ焼きが売れているとか!私も周りの受験生のために明日はたこ焼き食べることにしようか。周りのみんなの合格を祈って!


standw3.jpg
「オクトパス君」スマホスタンド。こんなグッズがネットで売られていた!


枝つきみかん

 日曜日友人(おばさん)3人で女子会(飲み会)の約束をした。時々行く店に連れて行って欲しいと言われ、5時半に駅前で待ち合わせた。席に着くと一人の友人が、朝からみかん山に行ったから・・・と大きなビニール袋を渡してくれた。

 中を見ると大きな枝のついたミカンが入っていた。彼女は「枝つきミカンって珍しいでしょう!」。こんな大きな枝つきみかんを見たことがない!なんだか食べるのはもったいなくて・・・。

 とりあえず今日思いついて写真を撮った。腕もカメラもたいしたことがないので、あまり迫力がないがお楽しみのお裾分け!


RIMG22175h.jpg


北斎 特別展 ー風景・美人・奇想ー

 葛飾北斎の特別展が「大坂市立美術館」で10月30日~12月9日まで開催されている。ある友人から素晴らしかったと聞き、行きたくなった。

 ちょうど美容院に行く時期でもあったので、両方すませたかったが、美術館と美容院はどちらも月曜が休み、この日程で仕事のない日となると日曜、火曜日になってしまう。あいにく行きつけの美容院は月半ばの月・火は連休で、日曜しか日程がない。11日(日)幸か不幸か終日雨だったので、まあ、空いているかな?と雨に打たれながら天王寺へ出かけた。

 日曜にしては空いているほうかも知れないが、やはり混雑していた。油絵と違い全体に小さい絵が多く、近くに寄らないと見にくい。間近で見ようと思うとその程度の混雑でも堪えた。

 「富嶽三十六景」は期間中何度か入れ替えられるようだが、やはり素晴らしい!その構図の斬新さは200年以上も昔の作品とはとても思えない。タイトルに「風景・美人・奇想」とあるように、風景や美人画でけでなく奇想天外な絵と発想に驚かされた。

 孫が祖母の肩をたたき嫁?が飽き飽きした顔で小言を聞く図に「ばばさまの小言とかけて九月三十日(くぐわみそか)ととく、その心は 秋はてた」となぞなぞが書かれているかと思うと、現代で言う漫画本があったりと、多芸多才だった様子がうかがえた。

 本当かどうか?定かでないが、ドビッシーは北斎の「波の絵」に刺激されて「海」という管弦楽曲を作曲したそうだ。

RIMG22128.jpg


台風17号

 今日30日(日)は三田の楽器店が主催する「オータムコンサート(管・弦・打楽器」の予定で、台風17号が接近しているので、29日(土)楽器店でもハラハラしていた。日程の振り替えも困難で、大人ばかりとあって、実施に踏み切ったようで、リハーサルの時間に間に合うよう10時半に家を出た。

 駐車場までたった10歩ほどの距離で、服が濡れてしまうほどの暴風雨だった。発車してすぐこの雨風では高速道路は危険と感じた。出演予定の生徒に電話を入れ、出席できない旨を伝えた。

 家の中から見ていると、風も雨もさほど強いようには見えなかったが、いざ外に出てみるとかなり強い風雨と気づく。事故に遭ってしまうのはこの油断から来るのかも知れない。

 人は自然に逆らって無理をしてはならないと思って止めたのが良かったのか、悪かったのか?判らないが、大きな問題に遭遇しなくて良かったと思うことにした。

 ここ大阪は5時には風も凪ぎ、雨足も落ち着いてきたが、ニュースでは愛知県に上陸し、その後日本列島を縦断するようだ。災難続きの東北に大きな影響がなければ良いが・・・。

 ちょうど今、中国自動車道下り閉鎖のニュースが流れた。私の帰りは上りになるが、これもいつ閉鎖されるか判らない。やはり大事を取って欠席したのは良かった。私の霊感もまんざらじゃないかな?あえて実施した主催者と出演した近隣の生徒さんに事故もなく無事終了出来たことにお祝いを!


RIMG0487.jpg


極楽の余り風

 関西地方に梅雨明けが発表された途端、猛暑が襲ってきた。8月生まれのせいか、暑さには強いほうで、自宅では、レッスンや、練習のとき以外エアコンを使わななくても、さほど苦痛を感じることはない。今年も梅雨明けの報道があるまでは、暑いとはいえエアコンを使うことはなかった。

 我が家は4階なので、全部の窓を開けると、風のある日など結構涼しく過ごすことができる。夜遅く教室から帰ると、閉め切った部屋は蒸し風呂状態で、流石の私も今年はじめての冷房をつけた。

 小さな台所に隣接の6畳はすぐに涼しくなり、1時間もすると少し寒くなった。夜は暑くても冷房なしで眠りにつくので、朝目覚めるとやはり体は汗ばんでいた。

 早速窓を全開にすると何とも心地よい涼しい風が入ってきた。昔こんな風が入ると母はよく言っていた。「あぁ~極楽の余り風!」昔の人の言葉は素晴らしい!

 エアコンは確かに涼しくてホッとするが、自然のこの風に勝るものはない。


RIMG21746.jpg


カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
QRコード
QR
プロフィール

yok

最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索